FC2ブログ
2009. 01. 02  
 雪の合間の快晴の日。こちら(カナダ・バンクーバー)に来てからこんなに晴れたのは初めてです。

 バンクーバー5

 LOOK OUT という展望塔に登りました。

 海のそばにあるダウンタウン。塔からみていると、一羽のかもめがビルの間をすーっとすべるように軽やかに、しかも長時間飛んでいました。

羽ばたき一つせず、
中心点を変えながら円を描いています。


「わあーめずらしい。ビルの間をかもめが飛ぶなんて。」
と思い、
そして次に、
「かもめは海にいるもの」、という固定観念があることに気付きます。

かもめは、まるで別の空間にいるかのように、空間と空間の間を切るように、縫うように、泰然と飛んでいました。


バンクーバー8

見下ろすと、人や車が行きかう路上が見えます。ここから見ていると、地上はまるで二次元の世界。たてと横しかないように見えます。

上にも世界はあるのにね。日ごろ気付いていない自分の視点に気付きます。


広い平原。

国境を越えたアメリカの山々も見えます。
国境を越えた越えない、という議論をするのは人だけですね。

動物も鳥も、魚も、空気も、そんな議論はしないのに。



塔から降りたら、グランビル・アイランドへ行きました。


バンクーバー9

活気のあるマーケット。そして、アーティストたちのお店があります。

 バンクーバー7

フェリーで入り江を渡り、またダウンタウンに戻ります。

バンクーバー10


移民の国。アジア~中東の人たちも、この町に4分の1ほどは居そうです。


各国料理があちこちに軒を連ねています。

中華料理、日本料理、インド料理、マレーシア料理、イタリア料理、スペイン料理、アラブ料理。。。


韓国料理のお店に入りました。


料理が出てくるまでの間、ふと今の状況を思いました。


 店内には、さまざまな人種の人々がいます。

 カナダの韓国料理店にいる、日本人のわたし。



 わたしとは誰なのか?

 それをしっかりと持つ事を求められていると思いました。

 日ごろから思っている事ですが、

 改めて、自分のアイデンティティとはなにかを、さらにその奥にある自分とは誰なのかを、異国カナダで、更に異国、韓国の料理店にいることで、問われたように感じました。

バンクーバー11


 あなたが、体験から問われていること、それは何ですか?

 
スポンサーサイト



NEXT Entry
バンクーバーにてワークショップを開催しました
NEW Topics
楽しく学んで、これまでとは違う行動をとる
エンガワカフェ@葉山
1000年プロジェクト。今年も開催します。
「脳科学から紐解く〜なぜ私のコーチングはうまくいったりいかなかったりするのか〜」の感想
新たな発見と学びのオンパレード
五十音のチカラ、言霊の力
なぜ外国に住む外国人が日本語を学ぶのか?
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ