FC2ブログ
2008. 10. 05  

 NLPラーニング、マスタープラクティショナー最終日。

 全員の協力でできた時間、全員が参加して作り上げた場。

 うつくしくて息を呑む。まるで深い森の中にいるようなすがすがしい、しんとした空気。

 ひとりひとりがひとりひとりから花開くことを、誘われ、促され、励まされ、

 ひとりひとりが場から旅立つ事を、承認され、見守られ、愛され、

 相手のことを思って、心からただ存在を認め受け止め、それを伝える

 とてつもない場がそこにはありました。


 NLPの学びは一段落しますが、これからも継続して、地道な何か自分にあったものを取り入れて、日常で活用してもらいたいと、願っています。

 一見地味なことをどれほど継続したり、取り入れたりしていけるか。

 基本をどれほど理解できているか。

 そこだけが、本当に大切なことなのだと思います。

 本当に大切なものは、とてもシンプルなのですね。

 今日マスタープラクティショナーとなられた方々は、

 ほんとうにすっきりと、シンプルになった方、

 真剣に自分と向き合う事になっていた方
 
 成長のための苦しみを味わっていた方

 チームワークを学んだという方

 精一杯の自分の力を出し切って、ワークをした方

 自分の変化を楽しみながらいた方

 目をきらきら輝かせながら、楽しんでいた方

 思い切って自分を出した方

 あらたな空白の中に足を踏み入れている方

 
 ほんとうにたくさんの状態を体験し、その姿を見せてくださいました。


 意識が動揺したり、何らかの感情を感じていたとしても、

 今が常に最高に学んでいるときであるし、一見後退しているように見えることも、実は最大に成長したところにいるんだということを、わたしは自分がマスターコースを終えた後、しばらくたってから気付きました。


 わたしはトレーナーとしてこのコースの旅を、受講された方々とともに過ごしていましたが、
 初めてのマスターコースを進行するにあたり、

 無我夢中で自分を成長させる旅をしてきて、わたしも、驚くほどたくさんの刺激を受けて、新たな方向へ旅立とうとしているんだということを感じました。
 
 
 NLPラーニングのマスタープラクティショナーコースは、ほんとうにパワフルだと、自分自身で進行したコースを体験しながらも、改めて、随分遠くまで来たんだなあと、旅路を振り返っています。


 きらきらした花、落ち着いた花、地に足の付いた花、歌うような花、踊りだしたくなるような花、恥ずかしがり屋の花、実はお茶目な花、壮麗な花、誇りを持った花。

 たくさんの花が咲いて、


 秋晴れの修了式が終わって行きました。


 抱えきれないほど、たくさんの豊かさをいただきました。

 ご受講いただいた皆様、リソースパーソンの皆様、山崎啓支代表、菊池和郎トレーナー、そのほかご協力いただきました皆様、見守ってくださった皆様へ。

 ありがとうございました。

 
 
スポンサーサイト



NEXT Entry
ネイチャーNLP×ピラティス、お申し込み受付開始
NEW Topics
楽しく学んで、これまでとは違う行動をとる
エンガワカフェ@葉山
1000年プロジェクト。今年も開催します。
「脳科学から紐解く〜なぜ私のコーチングはうまくいったりいかなかったりするのか〜」の感想
新たな発見と学びのオンパレード
五十音のチカラ、言霊の力
なぜ外国に住む外国人が日本語を学ぶのか?
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ