FC2ブログ
2008. 09. 28  


 静岡県富士宮市にある、「木の花ファミリー」という共同体に体験に行ってきました。

 最近話題になっている「エコビレッジ」を15年前から実際に実践されているところです。

 国連「持続可能な教育のための10年」の重要な位置を占める、国際的な教育カリキュラムである「エコビレッジ・デザイン・エデュケーション」の日本での第一回目の開催に関連して、また、自然の中で共同体として暮らそうとする動きの中で出会いました。


 木の花ファミリーの体験は、驚く事の連続でした。
 食料自給率100%の農業を主体とした共同生活をしている場、という前知識のみで行ったのですが、そこには数々ののカルチャーショックがありました。

私の観点からの報告ですから
上手く伝えられるかどうか分かりませんが、記してみます。

○初めは20人が、今は50人以上が血のつながりを越えて、ファミリーとして共同生活をしている。
○農業が目的ではない。第一の目的は、「こころを耕す事」。
○特定の宗教ではない。大いなる存在の、大いなる目的のために自分を使ってもらう。
○役割分担をしている。農業の中でも、何を収穫する人、何を育てる人、肥料の担当、脱穀の担当、料理、洗濯、子育て担当など。これは「自分がしたい」、という意思からではなく、配置が決まる。
○子どもは、個人のものではなく、みんなのもの。生後半年までは、実の母が育てるが、それ以降は、全員で子育てをする
○子どもたちには「おかあさん」という概念がない。ファミリー全員に育てられているため。見学者のお子さんが、母親を呼ぶときに「おかあさん」というのを聞いて、おかあさんという名前の人だと思っていたそうです。
○おさいふは全員でひとつ。具体的な仕組みがわかりませんが、たくさんお金のある人がたくさん出資して、あまりない人は、少し出す。
○ひとりひとりが個人事業主として申請している
○しょうゆ、味噌、おやつまで自分たちでつくり、食べる。
○禁止ではないので、たまに、アイスクリームを買ったり、ジャンクフードを食べる。そして、やっぱり自分たちで作ったもののおいしさやありがたみを感じる。
○食事は全員でそろって行う。「いただきます」「ごちそうさま」の号令は、3~4歳の3人の女の子が担当。
○小さい子どもにも対等に役割を持たせる事により、周りの空気をつかむことや自立を覚えていく。
○食べるものは、野菜、鶏の卵、ヤギの乳。肉、魚は食べない。
○料理が凝っていて、お肉のように調理したり、魚のように調理している。おいしい。
○農業は、はじめにかなり研究したそうですが、一般に害虫を呼ばれるものを除くために、その虫を食べる虫がくるような生態系を田んぼや畑に作り出す工夫をする。具体的には、畑の畝に、クローバーなど作物とは関係のないものを植えることにより別の虫やカエルなどもやってくるようにする。
○お米の保管庫にはねずみを食べるように数匹のねこが飼われていた
○政府との研究や地域への還元、有機農法の伝達、有機作物をつかったお弁当屋をするなど、外部にオープンに開かれている
○EM菌を使うなど、工夫を凝らすことにより、ヤギやにわとりからは、いわゆる家畜の臭いがしない。
○人間が使うトイレも、ある菌を混ぜた土をかけると、全くにおわず、消滅していく方向に発酵するというものがありました。
○外部に住んで、仕事をし、時々通っているファミリーもいる。
○企業研修にも活用されている。鬱の人がここで共同生活、農業をすることにより、回復していくプログラム。
○毎晩、大人ミーティングと子どもミーティングがそれぞれ開かれている。
大人ミーティングに参加しましたが、全員が今日したことなどを報告した後は、こころを耕すために、その日に起こった心の引っかかりはそこで出していくということをしています。毎晩12時過ぎまで話している様子。
○夜、コンサートを開いてくれました。ここに住んでいる女性があるとき湧いてきた、あるいは降ってきたものを再現している歌詞つきの曲です。それを皆で歌ってくれるのですが、ここにものすごいインパクトを受けました。
エゴのないところから発せられる声、伝えられる歌は、宇宙の生まれた根源にいるような、おおきなものに包まれているような、
忘れていた何億年も前の事を思い出させるような、神秘的でダイナミックな体験でした。

この歌には、1人でも多くの人たちに出会ってもらいたい、と思いました。日本全国、世界の人たちにも届くといいなと思いました。


という、書ききれないたくさんの工夫、知恵、信条、調和、つながり、切磋琢磨がそこにはありました。
すべてはひとつである。すべてはおおいなるものの一部であることを、実感しながら生きている人、場所、エネルギー。

私にとってベストなタイミングの出会いでした。


見学は、今年の4月か7月から毎月開催になったそうで、ここのところ数年で、ファミリーの数も増加していることから、近年の持続可能社会への関心の高まりを感じさせました。

見学に来る方も最近は、具体的にエコビレッジを創ることを想定した人も増えているそうです。

今回の参加者11名は、関西から、北海道から、そして東京からというメンバーで、具体的にアクションを起こしている人、何らかの動きをしている人が多かったです。この出会いからも面白いつながりができそうです。

私の感想としては、持続可能社会を既に実現している農法や知恵、精神性をたくさん教えていただいた上で、自然の豊かな地に、一人ひとりの社会に還元できるものとのつながりも大切にした共同体、拡大家族ができたらいいなと思いました。

ともあれ、木の花ファミリーの方々に大変興味を持ったので、また滞在しに行こうと思います。
見学の2日間のみならず、5日でも1週間でも、もっと長くても、自由に希望者を受け入れているようなので、興味のある方はぜひ体験されてみてはと思います。


実際にご興味のある方は訪れて見られることで、多角的に受け取っていただければと思いますが、まずは私を通した木の花ファミリーの体験談でした。

木の花ファミリーのブログにも当日の様子が載っています。


5日日曜日に、カフェ・スローで木の花ファミリーの紹介、歌のコンサートがあるそうです。

立ち見席もいっぱいのようですが、ご興味のある方はどうぞ。
上記サイトの下のほうにスクロールすると、案内が載っています。

また、更に、当日うたってくださった、感動の一曲をダウンロードして聴くことができます。


木の花ファミリーの皆様、ありがとうございました。


スポンサーサイト



NEXT Entry
【速報】自然の中でワークショップを開きます
NEW Topics
言葉遣いが美しいと思う人
楽しく学んで、これまでとは違う行動をとる
エンガワカフェ@葉山
1000年プロジェクト。今年も開催します。
「脳科学から紐解く〜なぜ私のコーチングはうまくいったりいかなかったりするのか〜」の感想
新たな発見と学びのオンパレード
五十音のチカラ、言霊の力
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ