FC2ブログ
2007. 12. 24  

 夕日がきれい。「いわむらかずお えほんの丘美術館」に行きました。

 この方の作品は、国内のみならず、フランス・ドイツ・スゥエーデン、米国、韓国など、かなり多くの国で翻訳されて読まれています。

 広い景色の見える丘の上にたつ美術館。木目が美しく、ソーラーエネルギーを活用した建物です。

 

など、野ねずみを主人公とした作品群。これは作者が実際に見かけた野ねずみを描写することから生まれたそうです。

 そして、美術館は、里山と一体になったつくりになっていて、里山で畑体験ができたり、野ねずみをみつけたり、小鳥を見つけたりして過ごす事ができます。

 そこで、

 a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/0148b39f.0882f7f5.03e3db11.5919e965/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f798479%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f10569292%2f" target="_blank">

「かんがえるカエルくん」

と言う絵本を紹介したいのです。

このカエルくんは、ユーモアたっぷりに描き出されています。

4コマ漫画ふうに進む内容は「どうして夜はくるのだろう?」「夜はどこからくるのだろう?」

など、哲学的なことを一生懸命に考えるこどものカエルくんが主人公です。

 相方には、やはり子どものねずみくんがいます。

 ふたりで一生懸命に、考えて考えて、考えて、子どもなりの答えを見つけ出すさまが実にかわいくおかしくユーモラスです。


 こうして、「なぜ」と考える、哲学的な質問を、案外子どもはするのですよね。。

 そして、かんがえつづけて、自ら答えを出していくこと



 とても大切な事を、この絵本は教えてくれているように思えます。

 
 なぜ自分はこの時代に生きているのか?
 なぜ私は今このことをして社会と関わっているのか?
 なぜ生きているのか?

 
 大人になってたくさんのことを知っていても、問いかける哲学的な思索はつづくのだとおもいますし、問い続ける事が生きる事でもあるように思っています。


 美しい日没を見終えてふりかえると、作者のいわむらかずおさんがいらっしゃいました。

 「あなたたちが、今年最後のお客さんですよ」

 と言われました。

 おだやかで縛りのない、落ち着いた姿で、立ち去られました。

 ご本人がされる、絵本の読み聞かせ会にも、いつか行ってみたいと思いました。



 
スポンサーサイト



NEXT Entry
インタビューを受けました
NEW Topics
言葉遣いが美しいと思う人
楽しく学んで、これまでとは違う行動をとる
エンガワカフェ@葉山
1000年プロジェクト。今年も開催します。
「脳科学から紐解く〜なぜ私のコーチングはうまくいったりいかなかったりするのか〜」の感想
新たな発見と学びのオンパレード
五十音のチカラ、言霊の力
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ