FC2ブログ
2007. 09. 09  

 「たいせつなのは”何をするか”ではなく

 ”どういう心でするか”です。


 マザーテレサ没後10周年記念イベントの一環で、女子修道院で映画を上映していましたので見に行ってきました。
 
 マザーテレサが来日したときのドキュメンタリー映像と、「マザーテレサの遺言」という映画でした。

 75歳頃と、80歳を越えた頃の映像を見ることが出来ました。
 
 大勢の聴衆の前で演説するマザーテレサの言葉には、信念に裏打ちされた力強さ、ゆるぎない思い、大いなる愛情がありました。

 信念に生きる、使命に生きるとは、こういうことなのかと、思いました。


 まだまだ私には理解が浅い事でしょう。

 それにしても、ただ献身的に貧しい人を世話しただけではなく

 「わたしはイエスの持っている鉛筆にすぎない」という認識

 深い信仰

 があり、

 更にはユーモアまでしっかりと見せてくれる

 
 「与えるためにどれだけ”持っているか”ではなく、

 私たちがどれだけ空っぽであるか ということが大切なのです。
 
 空っぽなので、日々、十分にいただくことができるのです。

 自分自身を見つめる事をやめ、何も持っていないこと、何者でもないこと、
 
 何もできない事を喜びましょう。」
                      


 「わたしたちが愛のために働けば、

 それはそのまま平和のために働いたことになります」


                         マザー・テレサ


 また、目の前が開けて、道が開いてきました。

 
 
 
スポンサーサイト



NEXT Entry
自分自身でいる
NEW Topics
最新のセミナー情報
感じたことを考える
「小さいことを重ねることが、とんでもないところにいくただ一つの道だ」イチロー
【心のタフさ レジリエンスを高める】「心をタフにするには」
オンラインで言霊塾 初伝に参加できるようになりました
母音を響かせることの効果
「リーダーのための言霊塾 初伝」の感想
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ