FC2ブログ
2007. 06. 22  

 友人が発行しているとあるメールマガジンのインタビューを受けました。
 
 インタビュアーは大学生。しっかりした大学生さんでした。隣に友人、友人の会社の社員さんも一緒です。

 更に、急にプロコーチの話が聴ける!ということで飛び入り参加された方もご一緒でした。

 

 自分のことをたくさん聞かれて話すのは、コーチング以外にあまり機会がないので、不慣れな感じでしたが、有意義でした。

 コーチングとインタビューが違うのは、

 インタビューは、インタビュアーが聞きたいことを聞く、ということで
 
 コーチングは、クライアントの気付きとなることを聞く、ということです。

 
 ですので、私としては、力点を置いて話したいことがあるのですが、インタビュアーは、別のところに聞きたいことがあったということになります。

 なるほどー。と思いました。



 そして、そのときに質問された問いが、その場で答えた後もずっと残っていて、帰宅してから、ああそういうことだったんだなあ、と思い至る、ということがありました。

 そうした意味で、とても意義深いインタビュータイムでした。



 私にとって、以前勤めていた職場は、乗り越えていくべき父という存在だったともいえるんだなあと、後で思いました。


 今、その父を乗り越えたのか?と聞かれると、まだです。とりあえず別の道に旅立った、ということだけです。私にとって父の存在はあまりにも大きかったです。


 インタビューしてくださった皆様ありがとうございました。

 メルマガに掲載されることとなりましたら、また当ブログにてご案内いたします。

 
スポンサーサイト



NEXT Entry
NLPマスタープラクティショナー
NEW Topics
一元論を体現している宿
最新のセミナー情報
感じたことを考える
「小さいことを重ねることが、とんでもないところにいくただ一つの道だ」イチロー
【心のタフさ レジリエンスを高める】「心をタフにするには」
オンラインで言霊塾 初伝に参加できるようになりました
母音を響かせることの効果
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ