FC2ブログ
2007. 06. 20  

 「人間は考える葦である」とはパスカルの言葉ですね。

 「考える」ことと「感じる」こと

 この両者は、両方人間が持っている大きな財産であると思うのです。

 
 立ち止まって考える。

 このことの意義はなんだろうか。

 このことに関心を持っている自分とは一体なんであるのか?

 今この時代に生まれてきている意義とは?


 哲学を持つこと

 自分に解けることのない考え続ける問いをもつこと


 
 それは、ただ「感じる」だけの日々を繰り返すより、もっと充実したなにものかを生むことだと思います。


 そして、考えるばかりで感じないのももったいない。


 人生は豊かで、生きている世界は美しいですものね。。

 

 両方のバランスを大切にしたいものです。


 蝶が羽根を広げて、楽しそうに飛んでいくのが見えました。

 
スポンサーサイト



NEXT Entry
インタビューを受けました
NEW Topics
「リーダーのための言霊塾 入門編」の感想
「目から鱗の気づきがたくさんありました。」
最新のセミナー情報
どんな時にも希望を持つ生き方
今発揮するリーダーシップ
コンシャスNLP勉強会 
水の記憶 水のチカラ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ