FC2ブログ
2007. 06. 20  

 「人間は考える葦である」とはパスカルの言葉ですね。

 「考える」ことと「感じる」こと

 この両者は、両方人間が持っている大きな財産であると思うのです。

 
 立ち止まって考える。

 このことの意義はなんだろうか。

 このことに関心を持っている自分とは一体なんであるのか?

 今この時代に生まれてきている意義とは?


 哲学を持つこと

 自分に解けることのない考え続ける問いをもつこと


 
 それは、ただ「感じる」だけの日々を繰り返すより、もっと充実したなにものかを生むことだと思います。


 そして、考えるばかりで感じないのももったいない。


 人生は豊かで、生きている世界は美しいですものね。。

 

 両方のバランスを大切にしたいものです。


 蝶が羽根を広げて、楽しそうに飛んでいくのが見えました。

 
スポンサーサイト



NEXT Entry
インタビューを受けました
NEW Topics
「心の平和の大切さ~自己肯定感を上げる方法 2」
古事記読書会「あめつちのはじめの会」
胸いっぱい
吾唯(われただ)足るを知る
あるインタビューにて
自分のルーツを肯定する。内なる分断を癒し、自分の力にする
「脳科学から紐解く〜なぜ私のコーチングはうまくいったりいかなかったりするのか〜 」の感想
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ