FC2ブログ
2007. 06. 19  

 本屋さんで無料配布されている冊子「ゲドを読む。」

 さまざまな人が『ゲド戦記』について、論じ、語っています。

 実に実に、考えさせられます。

 ゲド戦記のあらすじや著者についてなど作品の背景も知ることが出来ます。

 そして、何を伝えている作品であるのか?

 さまざまな「読み」に触れることが出来ます。

 

 「川にもてあそばれ、その流れにたゆとう棒切れになりたくなかったら、人は自ら川にならねばならぬ」

           ──ゲド戦記からの引用。


 何度も読み、噛み締める叡智が、この作品にあるように思います。

 生きることの本質を問い、そして求めるとき、この作品は多いにその導きのための一役を買ってくれるのだと改めて知るのでした。


 
スポンサーサイト



NEXT Entry
考えること
NEW Topics
「脳科学から紐解く〜なぜ私のコーチングはうまくいったりいかなかったりするのか〜」の感想
「 リーダーのための言霊塾【初伝】」の感想
五十音のチカラ、言霊の力
なぜ外国に住む外国人が日本語を学ぶのか?
「心の平和の大切さ~自己肯定感を上げる方法 2」
古事記読書会「あめつちのはじめの会」
胸いっぱい
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ