FC2ブログ
2007. 06. 17  

 昨日に引き続き、NLPラーニングの東京第5期プラクティショナーコースです。

 コミュニケーションに関するワークを中心に、行っていきます。
 そして、ますます親和的な空気が増しています。

 山崎啓支トレーナーもそうですが、菊池トレーナーも、米国NLP協会理事長のクリスティーナ・ホールのトレーニングでの学びを取り込み、実践しています。

 私としては、現在受講中のトレーナーズトレーニングの学びを実践しているところを見られるのですから、とても学びになります。

 大切なのは、どんな関係性の上で、相手にどんな思いを持って関わるか?ということ

 ミルトン・エリクソンの事例を踏まえながら、実体験を語ってくださる部分に心を打たれました。


 
 10日間の学びを終えられるときの皆さんの様子が目に浮かぶような、親しい柔軟な、意欲的な場でした。
スポンサーサイト



NEXT Entry
仲間と探す。自分らしさ
NEW Topics
「リーダーのための言霊塾 中伝」の感想
誘導瞑想会、終了しました。
「心のタフさ・レジリエンスの高め方『人間の周波数とは、その1』」
5月末日まで
自然が教えてくれること
つながる・学ぶ・継続する
2ヶ月ぶりの電車
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ