FC2ブログ
2007. 06. 09  

 第6番を少し前に見て、それでは第一番から観よう!と、思って観たのです。

 これもすばらしかった。。

 生きる本質を垣間見せてくれる、登場人物。


 この内容を、バブル絶頂期に上映していたということに驚かされます。

 「人間は2つの世界に生きている」、という登山家、ラインホルト・メスナー。出身地のヨーロッパの山岳地帯はうつくしかった。

 世界初の宇宙飛行士、トマトのひとつの苗から、13,000個のトマトがなる大きな木を育てた博士。

 生命の可能性、見えていない世界の深遠さ、地球上のものはひとつであること


 など、ものすごく高い視点に連れて行ってもらえて、そして考えさせられました。


 だからこそ、地球にとってできることはなにか。一人ひとりに出来るちいさなことをしていくことの連鎖が、とても大切なのだなあと思いました。

 

 

 
スポンサーサイト



NEXT Entry
久しぶりに描きました
NEW Topics
NLP勉強会「”コロナウィルスが怖い”と言っている人にどのように質問することができるか?」
ストレス・マネジメント@松山
クリエイティブ。そして実践的。
最新のセミナー情報
「リーダーのための言霊塾 入門編」の感想
「心の平和の大切さ~良かったと思えることを自分で作り出す」
水上バスに乗って
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ