FC2ブログ
2007. 06. 06  

 はじめての出会いでした。

 地球交響曲(ガイア・シンフォニー)。

 第6番。恵比寿の東京都写真美術館で開催されています。


 「音」をテーマに扱っていました。

 すばらしい内容でした。

 真実、本質。

 広大な宇宙に生きていること、長い長い歴史の果てに今があること

 どれも本当に心を打つ語りでした。


 「ひとつの壁を越えると

 またそこに新しい発見があります。

 技術的にも、霊的にも

 次々と新しい発見が生まれます。

 全ては、それを本気で求めているか

 どうかにかかっているのです。」

 シタール奏者 ラヴィ・シャンカール



 「私はいつも、自分のエゴを消し去りたい、と願っています。

 でも、完全にそうなることは不可能です。

 できるだけ音楽の中に自分を消し去ること、それが私の求めている誠実さ、ということです。

 (中略)

 そして私の使命は、音楽の通り道になることです。」


 ピアニスト ケリー・ヨスト

 ・・・この後も素敵な言葉が続きます。商業的にCDを売ることをしない、人前で演奏することもしないピアニスト。

 わあーーんと世界が広がって繋がって、そうだなー。と思わせる。

 いまさらながら、この映画に出会えてよかったです。

 

 
スポンサーサイト



NEXT Entry
驚くことはたくさん
NEW Topics
【心のタフさ レジリエンスを高める】「具体例から学ぶ」
心を洗う
弱さを見せ合える社会へ
夢殿大學にて「リーダーのための言霊塾」
一元論を体現している宿
最新のセミナー情報
感じたことを考える
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ