FC2ブログ
2007. 05. 31  
 夕方、近くで雷がなり続けました。明らかに近くに雷が落ちている音。
 
 そして、雹(ひょう)が降りました。

 2時間たっても止みません。

 夜は、NLPラーニングの勉強会。しかも私が進行役だというのに、どうしようかと思いました。

 NLPでは、出来事に対する捉え方を変えるワークがあります。ですから、雷に対する
「怖い」と言う感情をリフレームすることで、その感情を取り除くことができます。

 しかしさすがに、雷が落ちるかもしれないということを変えることはできません。

 
 困ったなあ、と、家から出るに出られず、とりあえず近所に住む友人に電話しました。
 
 そうしたら、いつもの落ち着いた元気な声。

 その声を聴いて、友人と過ごしているときの楽しい気持ちが思い出されました。

 そして、1分ほどの電話のあと、わたしの中に在った不安な気持ちが消えていました。


 ある特定の外的な刺激を受けることで、感情に変化をおこすものをアンカーといいます。

 わたしにとって、その友人の声は、楽しい気持ちを誘発するアンカーでした。


 NLPラーニング勉強会。

 今日はアンカリング。そしてその応用であるエクセレント・サークルです。

 NLPラーニングでは、プラクティショナーコースを終了した方対象に、毎月一回、東京で勉強会を開催しています。

 内容は、プラクティショナーで学んだことを振り返り、更に日常の実践につなげるということです。

 プラクティショナーとは、実践者、と言う意味です。



 ということで、今日は、身の回りにどんなアンカーがあるか?を思い出していただいたり、自分自身、どんなアンカーを持っていて、どんな気持ちが誘発されるか?などを語っていただきました。


 たとえば、横浜に行くと、いつもいい状態になる、若い気持ちになる、と言う方がいました。その方は、高校生の頃に横浜に暮らしていたそうです。

 たとえば、沖縄旅行に行ったときの写真を見ると、リラックスしたいい状態になることができます。

 
 そして、アンカーは知らないうちに勝手に身についていることがほとんどです。

 厳しく上司に叱られた会議室に行くと、叱られたことは忘れてしまっていても、なぜか気持ちが沈む、ということもあるかもしれません。

 
 このアンカーを意識的に、いい状態になるようにつくること、これをリソースアンカリングと言うわけです。



 ということで、再度出席者の皆様に、いい状態を再現するためのアンカーを作っていただきました。


 エクセレント・サークルも同様にワークをしていただき、これらをどんなときにどのように活用できるのか?ディスカッションしていただきました。



 NLPラーニング勉強会。毎月一回、東京大井町にて開催しています。


 参加された皆様、ありがとうございました。

 

 
 
スポンサーサイト



NEXT Entry
修行の日々・リーダーシップ
NEW Topics
NLP勉強会「”コロナウィルスが怖い”と言っている人にどのように質問することができるか?」
ストレス・マネジメント@松山
クリエイティブ。そして実践的。
最新のセミナー情報
「リーダーのための言霊塾 入門編」の感想
「心の平和の大切さ~良かったと思えることを自分で作り出す」
水上バスに乗って
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ