FC2ブログ
2007. 04. 01  

 教育大学の新入学生さん向けに、4年間の過ごし方の提案をするセミナーを行いました。大学生になると、時間の過ごし方も、何をするかの選択肢も広がります。目標、ビジョンを持ち、目的意識を持って過ごすこと、充実もするし、こうなりたいという未来も手に入りやすいものです。

 大学生協さん主催です。大学の構内は、桜の木が多くて、会場となる講堂の窓からも、ちょうど3分咲きのきれいな桜の木がいっぱいに枝を広げているところが見えました。

 新入学生さんのうち、参加を希望した約85名の方々と、サポートに入られた2~4年生の先輩学生さん30数名の方々と、自己紹介ゲームをしたり、やってみたいこと、好きなこと、夢中になることを語ってもらったりして、最終的に計画を立てること、小さな踏み出す一歩を決めることまでやっていただきました。


 2~4年生の先輩方の、新入生を歓迎する気持ち、ホスピタリティがなんだかあたたかくてとてもいい場になりました。新入生さんたちも素直に積極的に参加されていました。

 4年間。人生における4年間は短くも思いますが、20歳前後の時期って、人格を形成していくにも、とても貴重な時期ですよね。。

 当時読んだ小説は、自分作りにとても影響が在ったように思います。

 フィッツジェラルド、サリンジャー、ジャックケルアック、志賀直哉、谷崎潤一郎、ヘミングウェイ、寺山修司、ツルゲーネフ、村上春樹。。。

 当時やってみたことは、いつまでも自分自身の中で楽しい語り草になっていたりもします。

 真冬の山の中の天体観測所で夜通し星空を見ていたこと。

 スキーウエアの下に、タイツを2枚重ねてはいていても寒かった。

 仲間と励ましあいながら、ときどきカップラーメンなどで暖を取り、空腹を満たしながら、がたがた震えながら見ていたこと。
 
 あまりの星の多さに恐れを感じたこと、
 大きな星座が、のぼり、沈む様をみていたときに感じた宇宙の雄大さと自分の悩みのちっぽけさ。


 旅に行くためにアルバイトをし、たまったお金で旅に出る。

 国文学科だったので、旅先は京都、奈良が主でした。文学の舞台となった地へ出かける旅。
 こんなに国内に面白いところがたくさんあるのに、どうして海外旅行なんて行くのだろう?と、当時は思っていたものです。

 もちろん悩むこともありました。初めて人と付き合って分かれるということに直面し、こんなに辛いならどうして人と付き合うなんてことをしたんだろうと思ったことも在りました。

 それにしても学問がおもしろく、卒論を書き終わった頃には、(芭蕉と西行。旅の文学について書きました)次に卒論を書くとしたら、何を書こうかな?と、何本でもこんな論文を書きたいと思ったものです。


 。。。脱線しましたが、そんなこんなで、ひとりひとり、目標を見つけて、自分ならではの時間の過ごし方をして、ああ~いい4年間だったなあと思える時間にして欲しいなと思い、それを伝えてきました。


 学生さんたちは素直でまじめで社交的で、元気や意欲を感じる皆さんでした。

 たくさん悩み、迷い、そしてかけがえのない時間を過ごして欲しいなと思いました。

 
 新入生の皆様、サポートしてくださった学生の皆様、ありがとうございました。
 
スポンサーサイト



NEXT Entry
大学生活のビジョンを持つセミナー その2
NEW Topics
「ひらりサロン」に参加されている方のご感想を紹介いたします。
8月は「人間関係を向上させるポイント」
心を穏やかにする・自信を深めるメール講座
楽観思考トレーニング LIVE配信
最新のセミナー情報
アマビエのドーナツ
座る 習慣化について
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ