FC2ブログ
2005. 09. 15  
 寺山修司。彼の短歌が好きです。歌人、俳人、詩人、小説家、映画監督、戯曲家、演出家。。。さまざまな顔を持つ芸術家、寺山修司に、こんな質問(短歌)があります。48歳という短い生涯のなかでも、晩年に歌われたものです。






「人生はただ一問の質問にすぎぬと書けば二月のかもめ」




人生が、わたしたちにたった一問の質問を投げかけてくるとしたら、何と聴いてくるのでしょう。



あるいは、人生に、わたしたちが何かひとつだけ質問するとしたら、何と聴いて見るのでしょうか。




。。。「生きる」とは何か?

表現するときには、つきつめるとわたしはそこへ問いを発しているように思いました。



旧敬老の日だったので、遠方に住んでいる祖父母にプレゼントしようと思って描いた絵です。淡い色でしたので、ここでは色は出ませんでした。



明日から20日まで、旅に出てきます。
最終章でもあり、はじまりの旅でもあります。



スポンサーサイト



NEXT Entry
NEW Topics
「アクティブホープ・ワークショップ」の感想
ひらり設立記念。感謝の「慈愛の瞑想」会、終了しました。
オンライン「慈愛の瞑想」
間を空けませう
コロナとの付き合い方3つのゾーン
ひらり設立2周年 感謝の瞑想会
メール講座「心の平和の大切さ~つながり~日本文化にみるつながりの感覚」を配信しました。
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ