FC2ブログ
2007. 02. 12  
 
 NLPラーニングトレーナーで、池袋YM心理センター代表の武藤安隆先生の「エリクソニアン催眠」セミナー。3日間の学びが終了しました。

 ミルトン・エリクソンの生涯。
 ポリオで全身麻痺になった後、奇跡的に回復したのは、彼の観察力、粘り強さ、好奇心、工夫する力、というリソースがあったからであるということから、エリクソン催眠を学ぶには、まずはエリクソンの精神を学ぶ。

 ということで、エリクソンの人間観、人生観を学びました。

 エリクソン語録をご紹介します。

 「人が何かに挑戦するとき、必ず解決の手段が与えられる」

 「どんな小さな変化でも、ひとたびそれを起こせば、やがて変化は拡大していく」・・・雪だるま式変化

 「人は皆それぞれ違う」
 「誰もがユニークでかけがえのない存在である」
  ・・オーダーメイドの治療。レッテル(診断名)にとらわれない。

 精神療法家として、精神病の患者にかかわり続けたエリクソンは、いっさい治療理論を打ちたてなかったと言われます。

 
分析や洞察を重視せず、解決に力を注ぐ。理論の枠に患者をあてはめるのではなく、ひとりひとりにあわせた柔軟性に富んだ効果的な治療を行ったエリクソン。


 その姿勢には、心から賛同し、これからもより彼の姿勢、柔軟性を学びたいと思うのでした。

 そして、患者ひとりひとりのそのものの存在を大切に扱ったエリクソンという生き方を語られるのに、人格の高い武藤先生は、実に説得力があり、安心して、かつ心ひかれるセミナーでした。

 クライアントさんの望む変化を手に入れるサポートをするコーチとして、またトレーナーとして、たくさんの学びがありました。

 早速実践したいものばかりです。

 今回はアシスタントとしての参加でしたが、お越しいただいた皆様も、心ある学びに熱心な方々ばかりで、いい時間となりました。

 武藤先生、そしてお越しいただきました皆様、ありがとうございました。


スポンサーサイト



NEXT Entry
心に残る質問
NEW Topics
「心の平和の大切さ~自己肯定感を上げる方法 2」
古事記読書会「あめつちのはじめの会」
胸いっぱい
吾唯(われただ)足るを知る
あるインタビューにて
自分のルーツを肯定する。内なる分断を癒し、自分の力にする
「脳科学から紐解く〜なぜ私のコーチングはうまくいったりいかなかったりするのか〜 」の感想
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ