FC2ブログ
2007. 02. 10  

 ミルトン・エリクソン。卓越した心理療法家として、さまざまなセラピーの分野で活用され、継承されている、エリクソン催眠と後に言われる体系を生み出した催眠療法家。


 体系を生み出したとはいえ、体系化したのは弟子の人たちでした。


 エリクソニアン催眠、3日間の学びの1日目です。

 
 実際に催眠誘導を体験しました。ガイド役、クライアント役もしてみて気付いたこと。

 手法ありきではなく、人ありきであること

 あるものをリソースとして活用すること

 そのあり方、姿勢が好きです。


 講師の武藤安隆先生は、穏やかな温和な方で、場に安心感と学ぶ楽しみをもたらしてくださいます。
 
 深くトランス誘導をするこつも、体験してみて分かりました。良質な学びの時間です。

 催眠セミナーは明後日まで続きます。


 「催眠」と聴くと怪しいもののように感じてしまうのはなぜなのでしょう?


 実際は日常的に、目を覚ました状態でも、催眠状態に人はなっていますし、とても身近
な現象のことです。。
 
スポンサーサイト



NEXT Entry
催眠は芸術だ
NEW Topics
NLP勉強会「”コロナウィルスが怖い”と言っている人にどのように質問することができるか?」
ストレス・マネジメント@松山
クリエイティブ。そして実践的。
最新のセミナー情報
「リーダーのための言霊塾 入門編」の感想
「心の平和の大切さ~良かったと思えることを自分で作り出す」
水上バスに乗って
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ