FC2ブログ
2007. 02. 01  


『成功の暗号』村上和雄・ルータイス共著。

村上和雄さんの文章より。

 シュワイカートさんは、1969年3月、アポロ9号で241時間の飛行をした人です。
「宇宙へ出て、そこから地球をみると、地球は明るくて青く、それに対して天空は暗く黒く、そのコントラストが非常に美しい。一時間ごとに、陽光から暗黒へ、そしてまた陽光へと、この美しい惑星を何度も繰り返し回っていると、限られたバックグラウンドが持つ偏った狭い考え方の限界を、たちまちに超えてしまう。人間がいろいろな文化を切り離し、区別するために設けた何千と言う境界を、連続して横切っている」と彼は言うのです。
 
 サウジアラビアの宇宙飛行士スルタン・アル・サウドさんは、「一日目は私たちはみな自分の国を指さした。三日目、四日目には、大陸を指さした。五日目頃には、ただひとつの地球のことしか意識しなくなった」と語っています。

 宇宙と言う広大な視野から地球を眺めると、そのときに感ずるのは、この惑星全体を養っている生命体の尊厳であり、それらがひとつのものであるということなのです。

 
~引用終わり


ひとつの美しく青く光る球に暮らしている。

宇宙から見れば同じふるさとを持つ、同郷の仲間。



視点を大きく持つと、共通点は出てきます。

とても印象的な一節です。
 
スポンサーサイト



NEXT Entry
ひとつの区切り
NEW Topics
「心の平和の大切さ~自己肯定感を上げる方法 2」
古事記読書会「あめつちのはじめの会」
胸いっぱい
吾唯(われただ)足るを知る
あるインタビューにて
自分のルーツを肯定する。内なる分断を癒し、自分の力にする
「脳科学から紐解く〜なぜ私のコーチングはうまくいったりいかなかったりするのか〜 」の感想
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ