FC2ブログ
2007. 01. 26  

 第2期もいよいよ折り返し地点を越えました。

 今日は、前講(アンカリング、アソシエイト・デソシエイト体験)につなげながら、フレーミングとS.C.O.R.Eモデルを行いました。

 さすがに既にコーチ、あるいはコーチングを十分に学んだ皆様方。

 リフレーミングはお手の物で、すいすい出てきます。

 時間の空間配置、タイムラインの概念を新たに加え、S.C.O.R.Eモデルはエネルギーが上がる場でした。
 
 場所のアンカリング、アソシエイトとデソシエイト。フレーミング。NLPの観点からみるとさまざまに入り組んだもののようですが、コーチングの視点からみると、実に実用的なモデルです。

 コーチング、カウンセリングを学ぶ人全員に「ぜひ。」とお勧めしたいワークです。

 NLPは、人生のあらゆるものにつながる気がして、もっと学びたい。という受講生さん。
 コーチングって、決まったストーリーの通りに進めなければいけないと思っていた、と、進め方に対するフレームが変わった受講生さん。
 自分もそのスペースに入ると、自然に質問が出てきた、という受講生さん。
 頭で考えるのではなく、体の感覚から答えがでてきた、という受講生さん。
 
 直感で動いてもらえばいいんです。直感で質問すればいいんです。

 質問を学び、頭で覚えていると、つい意識を働かせて質問を組み立ててしまいがちかもしれません。
 それを手放したとき、直感で柔軟にクライアントさんに関わるときに、クライアントさんが変化を起こしていくのかもしれません。



 長く関わってきたコーチングのクライアントさんが、一層自分自身に深く気付き、向き合い始めた、そんな日でもありました。


 更に私も成長していきます。

 
 ところで、「自分自身になる」とは、どのようなことだと思いますか?

スポンサーサイト



NEXT Entry
楽観的になるプログラム
NEW Topics
「心の平和の大切さ~自己肯定感を上げる方法 2」
古事記読書会「あめつちのはじめの会」
胸いっぱい
吾唯(われただ)足るを知る
あるインタビューにて
自分のルーツを肯定する。内なる分断を癒し、自分の力にする
「脳科学から紐解く〜なぜ私のコーチングはうまくいったりいかなかったりするのか〜 」の感想
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ