FC2ブログ
2007. 01. 07  

 思わず言葉を失うとき というのがあります。

 あまりにも嬉しくて、感動して、深く心に響いて

 
 朝、名古屋は雪でした。

 やわらかい真っ白なものが天から降りてくる。

 なんだか素敵なプレゼントを空からもらっているような。

 

 雪って美しいですね。

 
 数ヶ月ぶりにお会いした方がいました。

 その方のこれからしたいこと、これまでのことを少し伺って、

 静かに落ち着いている中に、その方らしい一貫したゆるぎないものを感じました。

 トーンとしては元気がない方だったかもしれません。

 しかし、確実に自分自身の中で何かを掴んでいらっしゃいました。

 そのゆるぎないものを見て、なんとも心が安心しました。


 
 言葉って、何でしょうね。

 
 アルバート・メラビアンの研究結果として「メラビアンの法則」というものがあります。

 コミュニケーションにおいて、言葉はたった7%しか伝わっていない。


 たかが7%、されど7%。

 言葉のプレゼントをもらうとき、その人の一生を励まし続けるものとなることもあります。

 たった一言の言葉がほしくて、苦しんだり頑張ったりすることもあります。


 美しいものに触れたとき

 あまりにも嬉しすぎるとき

 私たちは言葉を失うことがあります。


 言葉。


 NLPを扱うものとして、短歌を詠む者として、

 美しい情緒的な言葉を財産として持つ日本人として


 大切にしていきたいなあと思いました。
スポンサーサイト



NEXT Entry
お母さんが元気になったら
NEW Topics
楽しく学んで、これまでとは違う行動をとる
エンガワカフェ@葉山
1000年プロジェクト。今年も開催します。
「脳科学から紐解く〜なぜ私のコーチングはうまくいったりいかなかったりするのか〜」の感想
新たな発見と学びのオンパレード
五十音のチカラ、言霊の力
なぜ外国に住む外国人が日本語を学ぶのか?
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ