FC2ブログ
2006. 12. 09  

 「ゆく川の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。澱みに浮かぶうたかたは、かつ消えかつむすびて久しくとどまりたる例なし。」

 方丈記のはじまりを強く思いました。

 中学校の頃に覚えませんでしたか?この文章。

 よく日ごろ思うんです。

 ほんとうに、「ゆく川の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず」だなあ。と。


 CTI基礎コースアシスタント2日目。皆さん生き生きと学ばれています。

 そして、私はというと、2回目の受講となる基礎コースの内容から、すごく、学んでいます。

 コーチングを日ごろ行いながら、どうしても自分の癖というか、質問、アプローチの仕方がある程度決まっているのかな。ということを思いました。

 たくさんのスキル名が出てきます。中断のスキル、挑戦のスキル、反映のスキル、比喩のスキル、要望のスキル、核心のスキル、認知・励ましのスキル。。。

 よく考えると結構使っていますが、あまり使わないものもあります。使っていないと錆びていきます。さびるともっとつかいにくくなります。

 リーダーのお二人の、受講生さんへの関わり方も、とても参考になります。

 
 ここに今、来るべくして来て、そして学んでいるのだなあ。と思わずそう思いました。

 
 受講生さんがするセッションに、アシスタントも入っていいということで、15分間のコーチングセッションをしました。
 場の力なのでしょうか。日ごろのセッションより、よりコーアクティブコーチングを実践できたように思います。
 日ごろはNLPなども交えた私流のコーチングとなっていますが、今日は原点に還った気持ちでした。


 そして場は、変化したい、学びたいという前向きなエネルギーに満ちたまま、急速に刻々と変化していきます。長く留まることはありません。

 これは、この場に限らず、人生すべてにおいて、当てはまるなあと思っています。

 
 コーアクティブコーチングの場にいられること、嬉しい嬉しい私へのギフトです。

 明日も楽しみです。


 
 あなたが「原点に還った」と感じる場、それはどこですか?

 
スポンサーサイト



NEXT Entry
どうしてコーチになろうと思ったか
NEW Topics
「リーダーのための言霊塾 中伝」の感想
誘導瞑想会、終了しました。
「心のタフさ・レジリエンスの高め方『人間の周波数とは、その1』」
5月末日まで
自然が教えてくれること
つながる・学ぶ・継続する
2ヶ月ぶりの電車
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ