FC2ブログ
2006. 12. 08  

 新しいサイクルの始まりです。

 先日の日曜日に、NLPラーニングの東京第一期マスタープラクティショナーコースが終了し、20日間の学びを終えた皆様方が卒業されました。私はそこで、リソースパーソンとして、受講生の皆様方の学びをサポートする役割として一緒に過ごさせていただきました。

 とても思いをかけて過ごしていたので、私にとって先週の日曜日は、大きなひとつのサイクルの終わりを意味していました。


 そして!今日から、新たな日々が始まります。

 CTI-JAPANのコーチ養成コース。基礎コースのアシスタントを今日から3日間行います。


 1年3ヶ月ぶりに、CTIのコーアクティブコーチングの場に帰ってきました。

 そして、「おお!そうだ。そうだった!!」という感覚を感じて、喜んでいます。


 今から2年弱前に、コーアクティブコーチングに初めて触れました。

 それまでの私は、コーチングを学んで4年、コーチングを教え初めて2年が経っていましたが、どうしても今一歩コーチングにはもっと可能性があるように思うのに、そこに触れられていないようなもどかしさを感じていました。

 2002年に「コーチングバイブル」が出版されたときに読んで、なんとなく私が求めるコーチングは、ここにあるような気がする・・と思っていたものです。

 NLPを学び始めて、周りにCTIを受けたと言う方が増えてきました。トレーナーの山崎さんが、「CTIは素晴らしいですよ」とおっしゃる言葉を聴き、やっぱり!と思って受講する気持ちが高まりました。

 さまざまな条件がクリアされて、受講できる準備が整って、ようやく2005年にコーアクティブコーチングに出会うことができました。

 
 はじめて出会った時のことは、今でも鮮明に思い出せます。

 「じゃ、始めましょうか?」と、リーダーのお二人が言った途端、一瞬で「場」ができました。
 安心できる信頼感のおける、好奇心を開ける場でした。

 これが一流というものだ!と、思いました。

 3日間の学びを終えて、嬉しくて嬉しくて仕方がありませんでした。私が求めていたコーチングにやっと出会うことができたのです。

 それからは夢中で学びました。はやくもっと学びたい、体験したいと思いましたが、月に3日ずつ学ぶペースが、最短距離で終了する道でした。

 受講するたびに自分が変化し、成長しました。

 

 そのCTIの基礎コースを改めてアシスタントとして受講しています。
 学びが満載です。

 
 
スポンサーサイト



NEXT Entry
原点に還る
NEW Topics
言葉遣いが美しいと思う人
楽しく学んで、これまでとは違う行動をとる
エンガワカフェ@葉山
1000年プロジェクト。今年も開催します。
「脳科学から紐解く〜なぜ私のコーチングはうまくいったりいかなかったりするのか〜」の感想
新たな発見と学びのオンパレード
五十音のチカラ、言霊の力
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ