fc2ブログ
2023. 11. 18  
正しい「怒り」『新釈古事記伝』読書会

毎月恒例『新釈古事記伝』読書会。
2020年7月からこちらの書籍に入り、じっくり深く味わいながら対話しています。全7巻のうち現在3巻目です。

今回は正しい「怒り」について。怒りにも2種類あると書籍に書かれています。
感情に任せて出す怒りと、正しい怒り。

では正しい怒りとは何か。
ここには書かれていませんでしたが、義憤、のようなものです。

新釈古事記伝によると、スサノヲのなきいさち(地上を治めることを任されたにもかかわらず、それをせずに泣いてばかりで何もしなかった)を見かねたイザナギノミコトが、スサノヲに対して怒ったこと。
これは正しい怒りだと。
怒るべきところで怒らないのは、その人のためにも、周りのためにも、世の中のためにもならない。

平たく言うとこのようなことが書かれています。

現代を生きる私たちは、義憤であれ、怒りを表現することを恥ずかしいことだと思っていないだろうか?
去勢されていないだろうか?
怒るべきところで怒りを表明せず、ただ飲み会の場で正論を言っているだけに陥っていないだろうか?

正しく怒る。
今月は、たった4ページに時間をかけ、対話しました。
毎回、持ち帰ることが多く深く、学びの多い読書会です。

今月も皆さん、ありがとうございました。

20231118_22のコピー
スポンサーサイト



NEXT Entry
「思い込みを変える方法」
NEW Topics
「想像を超えたメッセージ」タイムライン・セラピー
参加者のご感想「2/18(日)タイムライン・セラピー」をご紹介します
祝10周年
愛からの厳しさと、単なる厳しさの違いとは?
遊学のすすめ
【満席となりました】インスピレーションと勇気を活かせる一年
言霊塾ワークショップ・リーダー
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ