FC2ブログ
2006. 11. 24  
 「地図は領土ではない。」


 NLPの基本前提に、上記のものがあります。

 ??と思われるかもしれません。

 比喩的に書いてあります。


 コミュニケーションを誰かととるとき、「あたりまえ」と思っているから口に出さなかったことがらはありますか?

 相手の言葉から受け取った解釈が、実は相手の人と違っていたことはありますか?


 わたしたちは、つい、相手も自分と同じだという前提でコミュニケーションを取ってしまうことがあります。


 しかし、発せられた言葉は、その人の体験そのものなのでしょうか?


 同じ指示を聴いても、受け取った人の数の行動が生まれます。

 大まかに分けて、多数派がいるかもしれません。多数派の取る行動が常識といわれることがあるかもしれません。


 今日は、非言語の部分を観察し、違いを見極め(キャリブレーションし)ながら、相手の方に合わせる(ペーシング)する部分について、学んでいただきました。


 
 (昨夜は寝ぼけながら書いたので、改めて書き直しました。)

 ありがとうございました。

 
 
スポンサーサイト



NEXT Entry
時間の感覚はコントロールできる
NEW Topics
楽しく学んで、これまでとは違う行動をとる
エンガワカフェ@葉山
1000年プロジェクト。今年も開催します。
「脳科学から紐解く〜なぜ私のコーチングはうまくいったりいかなかったりするのか〜」の感想
新たな発見と学びのオンパレード
五十音のチカラ、言霊の力
なぜ外国に住む外国人が日本語を学ぶのか?
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ