FC2ブログ
2006. 11. 16  

 知人のお宅へ伺いました。

 岐阜県のある町にある、一山がその方のお宅です。

 しっかりした木々の茂る森を抜けると、

 ご主人の家具工房。そして資材の倉庫。そしてご自宅。

 
 建物は全て、ご主人の手作りだそうです。

 しかもセンスがよくて、二つとないつくりです。

 素朴なのに、センスがある。そして木を使っているのであたたかみがあります。


 15年前からこの山に暮らしていらっしゃるそうです。

 
 ご主人の工房や、作品の写真を見せていただきました。

 建て替えのために取り壊した家の大黒柱と鴨居を組み合わせたテーブルや、酒樽を改造した飾りだな、古いガラスを使った窓や、ヒノキを削ったもので作ったランプシェード。


 センスよく、全ての廃材がいきいきとよみがえり、存在感とぬくもりをもってそこにありました。

 全国に、そして興味深い方々にご縁をお持ちで、資材を手に入れたいきさつなど、たくさんのドラマを語ってくださいました。


 薪ストーブには、本当に最終的に活用できないくらいになった廃材をくべて、あたたかくしていました。

 ロハスなどという言葉も価値観もまだなかった15年前に、売りに出されていたわけでもない山をご夫婦でみつけて、この山のエネルギーがなんだかいいねということになって、暮らし始めたそうです。

 まず木を伐り、道を踏みならし、コンクリートを流す。こんなことまで、ご主人はなさるそうです。


 創造性。全て手作り。自然の中に暮らす日々。

 知人は楽観的で、そして感じる力が強い方です。暮らしていて、ストレスというのはぜんぜんない、ただ生きていることを感じるだけだ、と言われるのです。

 
 森の中で自然に囲まれて暮らすこと。

 「生きている」実感を持てない人が多い時代に、ただ生きていることだけを感じる暮らしをしている。

 便利さを追求し続ける現代に、全てを手作りして暮らしている。

 全く世の中の価値観に流されることなく、かといって、時代や消費社会とかけ離れるのでもなく、口コミなどで人気と信頼のひろがる家具職人のご主人。


 感激でした。

 こんなに近くに、こんなに素晴らしい暮らしを実践し続けていて、幸せなご夫婦、家族がいるということ。


 知恵と想像力と個性と。自然と融合して自然に感謝できる暮らし。


 
 紅葉にはあと少し早い、木々のグラデーションがうっすらと控えめにうつくしい山の秋でした。
 
スポンサーサイト



NEXT Entry
共感プレゼンテーション名古屋スペシャル
NEW Topics
「アクティブホープ・ワークショップ」の感想
ひらり設立記念。感謝の「慈愛の瞑想」会、終了しました。
オンライン「慈愛の瞑想」
間を空けませう
コロナとの付き合い方3つのゾーン
ひらり設立2周年 感謝の瞑想会
メール講座「心の平和の大切さ~つながり~日本文化にみるつながりの感覚」を配信しました。
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ