FC2ブログ
2005. 07. 21  
「夏」というテーマで描きました。

わたしがまだ少年だった頃(私は女性ですが、子供の頃のアイデンティティとしては「少年」と称するのが適当かもしれませんん)、

森で虫を採ることに夢中になっていました。

蝶を追いかけているうちに、少年は海岸にたどり着きました。

これまで見た野原より、山より、はるかに広大な海があります。

それまで夢中になっていた世界が、実はちっぽけな世界であることに気付きました。


描いて一週間ほどした頃、「あ、これは今の私だ。」と気付きました。

視界が急に開けて、しばし呆然と広大に広がる世界に見とれている自分がいました。




スポンサーサイト



NEXT Entry
アンドロメダとペルセウス
NEW Topics
「リーダーのための言霊塾 入門編」の感想
「目から鱗の気づきがたくさんありました。」
最新のセミナー情報
どんな時にも希望を持つ生き方
今発揮するリーダーシップ
コンシャスNLP勉強会 
水の記憶 水のチカラ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ