FC2ブログ
2006. 10. 07  
 骨に入っているもの。それは、コーチとしてのアイデンティティではなくて、「自分の人生を生きる」ということなんだ、と思いました。

 CTI-JAPANコーチ養成トレーニング、応用コースが終わってから、ちょうど一年がたって、同期とその次の期の卒業生が集まりました。同窓会のようなものですね。

 はじめは、「ズラパーティ(!)」で、お侍さんのかつらや、アフロヘアや、バニーちゃんなどを順番に回して被り、ただの馬鹿騒ぎな私たちでしたが、しめくくりに「この一年で、自分自身何が変わったか?」を一人ひとりが語りました。


 あれから、自分自身にチャレンジしつづけている。その場にいた全員が、それぞれの現場で、日常で、妥協なく、自分の奥から沸く声や、感覚に、あるいは直感的に見えるものに従って生きようとして、自分に挑んでいる。



 ひとりひとりが語ることを聴きながら、ひとりひとりが心を打たれていた、そんな時間でした。


 聴きながら、仲間たちがほんとうに、周りから何を言われようとも、自分らしさを貫いたり、学んだことを周囲へ伝え広めることを始めたりしていることを知って、ものすごく勇気と希望をもらいました。


 そして、これほど多くの卒業生たちが、卒業から一年たって、ずっと自分らしく生きることをそれぞれの立場で、しつづけているということを知り、


 CTIのコースのすばらしさ、奥深さを改めて実感したのでした。

 「自分らしく在ること」を妥協なく追求し続ける、本質としての大切なことから目をそらさない、たとえリスクがあっても、それに挑み続ける。。これらのことが、ひとりひとりの骨の中に、しっかりと入っているんだということを、知りました。

 
 コースを受講していたとき、リーダーと呼ばれる、進行してくださるCTIの方々が、本当に命がけでわたしたちに関わってくれていることを実感しました。


 「自分の人生を生きる人」を、増やして行きたいと思っている私にとって、NLPラーニングのコースと並び、すばらしいモデルです。


 私は、受講後もずっとその人を励まし続け、その人自身であり続けられるような学びの機会を、CTIでコーチングを学びたいと思った方々だけではなく、別の角度から、コーチング以外の別の興味関心を持つ方々にも、広めていけたらと思っています。


 自分らしく生きるって、リスクをとることでもありますよね。


 ハートがじんじんするほどしびれた夜でした。


 あなたは今、どのようなことにチャレンジていますか?
 
 
スポンサーサイト



NEXT Entry
第2期募集・コーチングに活かすNLP講座
NEW Topics
「ひらりサロン」に参加されている方のご感想を紹介いたします。
8月は「人間関係を向上させるポイント」
心を穏やかにする・自信を深めるメール講座
楽観思考トレーニング LIVE配信
最新のセミナー情報
アマビエのドーナツ
座る 習慣化について
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ