FC2ブログ
2006. 09. 25  
 「ふりかえったときに、はじめて人生を理解することができる。しかし人生は、理解するまえに生きるようになっている」セーレン・キルケゴール


 NLPの基本前提の中に、「人は常に現在可能な最善を尽くしている」「すべての行動には肯定的な意図がある。そして、全ての行動には役に立つ場面がある」というものがあります。


 NLPを日常に活用している私の場合、特に「肯定的意図」については思いを巡らすことがあります。それは、思い通りにものごとが進まなかった時に「このことの肯定的意図はなんだろう??」と考える癖となっています。

 こうしたときには、往々にして、とっさに思い浮かばないものです。

 必ず肯定的に意味のあることなのだとは分かるものの、やっぱり腑に落ちないー、とか、いやだー、辛いーと思うこともあったりするわけです。

 
 そして、少し時間が経つと、はっと気がつくことが多いのです。

 あの時のあの経験は、ここに繋がるためのものだったのだなあ。確かに、これは肯定的な結果につながっていたなあ。

 と思う事になります。


 何ともならなさそうなことも何とかなって、どこかにたどり着く。

 昨年の夏、NLP名古屋2期プラクティショナーコースで、リソースパーソン(アシスタントのような働きをします)をやりたかったのですが、どうしても無理でした。参加できない日があったのです。

 今にして思えば、現在のよりポジティブな状況に繋がるできごとだったんだなあ、と、思います。


 あらゆる私自身に起こってくる出来事に、感謝の気持ちが沸いてきます。

 

 あなたの中に、ふりかえって理解できるような出来事はありましたか?

 
 
 
スポンサーサイト



NEXT Entry
体力があるのかな。
NEW Topics
楽しく学んで、これまでとは違う行動をとる
エンガワカフェ@葉山
1000年プロジェクト。今年も開催します。
「脳科学から紐解く〜なぜ私のコーチングはうまくいったりいかなかったりするのか〜」の感想
新たな発見と学びのオンパレード
五十音のチカラ、言霊の力
なぜ外国に住む外国人が日本語を学ぶのか?
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ