FC2ブログ
2006. 09. 21  

 少し前に出会った方と、お話をしていました。

 ゆったりとして穏やかで、教養が豊かで、これからの目指すものを大切に温めていらっしゃる方です。お会いするたびにさまざまなことを教えていただけます。


 その方のご家族の方が、今直面していて、潜り抜けなければならない暗闇があるそうです。

 偶然、私が数年前に似たような体験をしたことがあって、そのことについて話していました。


 
 その時には、とても辛いものでした。

 出口がどこにあるのか分からない、その距離を測りかねるトンネルでした。

 しかし、前に進むと一旦決めた事です。

 決めてしまった以上、前に進むしかありません。


 献身の力を込めて前進していました。

 しかし、体中から力がとめどもなく流れ出て行き、


 鉛のように重たい前進でした。



 
 それでもトンネルには出口がありました。



 出て見ると、

 なんて世界は明るいのでしょうか。

 なんて豊かなことでしょうか。


 ながいながい暗闇。


 生きている以上、何らかのものには直面するだろうとは思っていましたが、わたしにはこんな形で来るのか。私の運命、そう来たか。と、思いました。

 そして、来たからには乗り越えよう、と、変に闘志が沸いたことを覚えています。



 あの時期があったからこそ、今を豊かに感じられる。
 今の幸せをこころからありがたいと感じることが出来る。


 何のために生きているのかをつき詰めて考える時間を得、

 これだけは譲れないものは何なのかを知り、
 
 自分自身であることが、どれほど素晴らしい事かを実感する。


 
 体験は大きな糧となって、自分自身に帰ってきたなあと

 実感しています。

 スプリングボードの暗闇の深さや、谷の深さのお陰で、高く飛んでいけるのかもしれません。


 もちろんこれは、「現代」だからこそ生じる相克、葛藤なのですよね。少し前の世代にはなかった価値観なのかもしれません。

 今と言う時代に生きて、こうした経験があったということに意味を感じています。



 こんな体験が

 その方やその方のご家族の方にとって

 お役に立つことができるのであれば、

 それもまた、経験に感謝です。



 浜離宮庭園は、思いのほか広くて、萩の花や松林が明るい陽射しに、伸びやかに豊かに見える午後でした。

スポンサーサイト



NEXT Entry
京都 加茂川
NEW Topics
NLP勉強会「”コロナウィルスが怖い”と言っている人にどのように質問することができるか?」
ストレス・マネジメント@松山
クリエイティブ。そして実践的。
最新のセミナー情報
「リーダーのための言霊塾 入門編」の感想
「心の平和の大切さ~良かったと思えることを自分で作り出す」
水上バスに乗って
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ