FC2ブログ
2019. 04. 17  
シンガポールの小学校では、数年前から子供の教育のために、掃除の時間を設けることにした。そんな記事を読んだことがあります。

アメリカの友人は、「掃除?それは誰か別の人がやってくれるじゃない」と言っていました。

日本は掃除は普通に誰もがすることという習慣がありますよね。小学校では毎日掃除の時間がありました。

掃除は心を澄ませてくれますね。
昨日は大変氣の高いところをご案内いただきました。

そして、人は皆宇宙、地球、森羅万象にこれほどまでも深く愛されているのだと体感する眼差しを受け取りました。

総勢60名ほどで取り組む落ち葉掃きは、瞬く間に捗り、広い範囲を綺麗にすることができました。

有難い、しあわせな時間です。

(写真は2月に訪れた宮島です。)

1_20190419104003d7d.jpg
スポンサーサイト
NEXT Entry
投票に当たって気付く価値観
NEW Topics
あなたは地球何個分の暮らしをしていますか?
案山子(かかし)も神様、小人は国造りのパートナー
2100年の天気予報
樹齢2千年以上
甥の本棚
塩田千春展
「感情との付き合い方③」
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ