FC2ブログ
2006. 08. 08  
 「コーチングに活かすNLP講座」第5講。

 この講座で私が実現したいことは、「人の可能性って、本当に無限なんだね!」ということを受講生の皆さんに身を持って体験してもらいたい、ということです。

 コーチとは、相手の方の中に潜む、限りない力を信じて、その可能性が開いていくことを、時にクライアントさん自身よりも強く信じて、願う人なのだと思っています。

 しかし、そのことをただ言葉で言われるだけで、本心から「人は無限の可能性を持っている」と信じて、クライアントさんと関わることが出来るのでしょうか?

 仮説として信じているだけでは、コーチとしての在り方が弱いのではないかと思います。

 
 そうした意味からも私にとって、NLPを学び、体験したことは、大変意義深いことです。

 ほんとうに人の可能性は無限なのだと実感しましたし、自分の可能性は宇宙のように広大だと感じることができました。

 
 この体験をしてから、私のコーチとしての在り方は、大きく変化したと思います。

 
 NLPは、潜在意識を活用して人の変化を促します。意識:潜在意識は、1:20,000とも、それ以上の差があるとも言われています。

 意識でこのくらいしかできないだろう、と感じていることの、2万倍の力があるのかもしれません。潜在意識の方が、意識より処理スピードが速い、とも言われていますから、それ以上の、まさに無限大の可能性があるのかもしれないのです。


 潜在意識にダイレクトに働きかけるワークをいくつも、体験しました。その体験は、驚くような結果をもたらしています。


 願ったことが現実になっていることはいくつもあります。共に学ぶ仲間の変化も如実に体験してきました。

 
 今日の講座では、サブモダリティーの変換を行いました。

 記憶している体験のうち、明るさ、記憶の位置などを変化することにより、その体験に対する印象が変わる、というものです。
 こんなことだけで、嫌な気持ちがこんなに前向きに変わるんだね!!という感想がいくつも聞かれました。

 次講から、いよいよ後半です。最終講に向けて、パワフルなワークも取り入れて、人の力の限りない大きさを実感してもらいたいと思っています。


 「人の可能性は無限である」ということを信じ切れているかどうかで、コーチの質は変わると思っています。


スポンサーサイト



NEXT Entry
明日ではなく、今日。
NEW Topics
楽しく学んで、これまでとは違う行動をとる
エンガワカフェ@葉山
1000年プロジェクト。今年も開催します。
「脳科学から紐解く〜なぜ私のコーチングはうまくいったりいかなかったりするのか〜」の感想
新たな発見と学びのオンパレード
五十音のチカラ、言霊の力
なぜ外国に住む外国人が日本語を学ぶのか?
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ