FC2ブログ
2005. 08. 23  
森の地図

NLPを学んでいると、「NLP基本前提」という、原理原則に出会います。

「地図は領土ではない」「他者の世界地図を尊重することはコミュニケーションの根本条件である」




と思われた方もいらっしゃることでしょうが、

分からないままでいいのです。


分からないことがあると、脳に空白ができる、そのことこそが大切なのだそうです。


主人公は、地図を持って森に入ります。山の頂きを目指して歩くのですが、なかなかたどり着けません。


途中に出会う動物たちに、「その地図では目的地へ行けない」と言われます。


主人公は、なぜ、地図を持っているのに、目的地へたどり着けないのでしょうか?


サルのこどもや、小鳥たちが、「これが私の描いた、この森の地図なの」と見せてくれました。それは木の葉の裏などに描いてあります。しかも一匹一匹違う、オリジナルな地図です。その地図があるから、道に迷わないのだと言います。



他人の作った地図には、作った人の人生観が反映されています。


わたしたちは、ひとりひとり違う選択をして、違う目的を持って、違う道を歩む人生を生きています。

だから、自分にふさわしい人生の地図を持っていないと、自分の望むゴールへたどり着けない。


わたしは、「地図」を価値観、尺度、人生観、エンドゴール(最終目標)
と位置づけました。



読まれた方は、この絵本をどのように解釈されたのかを、お聴かせ下さい。


そして、


あなたは、オリジナルの地図を持っていますか?


持っているとしたら、それはどんな地図ですか?









スポンサーサイト



NEXT Entry
自分に、愛情。
NEW Topics
最新のセミナー情報
感じたことを考える
「小さいことを重ねることが、とんでもないところにいくただ一つの道だ」イチロー
【心のタフさ レジリエンスを高める】「心をタフにするには」
オンラインで言霊塾 初伝に参加できるようになりました
母音を響かせることの効果
「リーダーのための言霊塾 初伝」の感想
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ