FC2ブログ
2006. 07. 18  

ブログを書き初めてから1年が経ちました。

短いようですが、この一年、実にいろいろなことが起こりました。

去年の今頃は、ちょうど15年以上勤めた職場に退職の意向を伝えた後でした。

銀行という、固い職場に勤めていました。

私にとっては、古い井戸のなかにいて、朽ちていくのを待つような、そんな心地になるような場所でもありました。

しかし、確実にお給料がもらえて、定年まで勤められる「安定」という保証と、手厚い福利厚生に守られた場所でした。

 

ここから飛び出す決意ができない自分を、責めたり、疎んじたりするときもありました。

 

退職する、と決め手から、退職までの2ヶ月と3週間は、最後のスパートのように、ものすごい勢いで成長したように思いました。

 

自分自身が、職場をある種の偏見で見ていたことがわかりました。

最後には感謝の心だけが残り、そして去ることができました。

ほんとうに大きな節目でした。

 

そして、自らの足で歩き始めて、

気がつくと東京で一人暮らしをしながらフリーランスのコーチとして存在している私がいます。

 

この、サバイバルを待っていた。

四方を崖に囲まれた、風のとおりのいい突端に立っている感じが、ここちいいのです。

 あまり、

サバイバルだとも思っていません。

自分で決めて自分で動く。すべて自分の責任。

この生き方が

なんと厳しくここちのいいことなのでしょうか。

「生きている」実感をかんじられます。

 

そして、これからもこのまま。

 

生かされていることに感謝しながら、この感謝を誰かに伝えながら、

しかも生きるために稼ぎながら

矛盾を知りながら、学びながら、言葉をつむぎながら、人にかかわりながら。

 

一人ではない。おおくのかたがたに愛されていることを感じます。

ぜんぜんだめな私だし、まだまだ学びの足りない私です。

 

だからこそ、成長する余地がたくさんある。それを

たのしみながらまた参ります。

 

今後ともよろしくお願いいたします。

ありがとうございました。

 

スポンサーサイト



NEXT Entry
鍛錬。子供たちと過ごす時間
NEW Topics
「脳科学から紐解く〜なぜ私のコーチングはうまくいったりいかなかったりするのか〜」の感想
「 リーダーのための言霊塾【初伝】」の感想
五十音のチカラ、言霊の力
なぜ外国に住む外国人が日本語を学ぶのか?
「心の平和の大切さ~自己肯定感を上げる方法 2」
古事記読書会「あめつちのはじめの会」
胸いっぱい
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ