FC2ブログ
2017. 10. 19  
月曜日は、透明なあり方フォーラムにて
今野華都子先生の標題のお話を伺いました。
3年前、雑誌『致知』の『新釈古事記伝』を読む
という対談でお話をさせていただいたことがありますが、それ以前も、それ以降も今野先生は、全国で『新釈古事記伝』の読書会をされています。
イギリスの歴史学者アーノルト・トインビーが、「12-3歳までに神話を学ばなくなった民族は、100年で滅びる。」
と言っています。
日本では古事記が神話にあたります。
物語は、ロジックがないし結論も分かりにくい。けれどそこにこそ深遠なるご先祖様たちからのメッセージと世界観があるのだと思います。
意識で理解できるかどうかが問題ではないのです。正論で割り切れるものではないのが生きるということ。
そのことを体感せずして、結論や答えを求めて短絡的に生きることほど無意味で、危険なことはないと思います。
ネイティヴアメリカンのある部族にはこのような言葉が口伝で継承されています。
「問いを持った民族は永続した。答えを求めた民族は、滅びた。」
神話に触れるということは、永続する知恵を肌感覚で無意識に吸収することだと思います。
今野先生は、お話の内容の奥深さもさることながら、その佇まい、あり方、声を通して、私たちに深い物語の一端を、人としてどうあるのかを示してくださいました。
どうもありがとうございます。

1_20171023202858940.jpg

2_2017102320285937b.jpg
スポンサーサイト



NEXT Entry
継続の秘訣は今とは真逆の方向性「1000年企業を目指して 」
NEW Topics
「ひらりサロン」に参加されている方のご感想を紹介いたします。
8月は「人間関係を向上させるポイント」
心を穏やかにする・自信を深めるメール講座
楽観思考トレーニング LIVE配信
最新のセミナー情報
アマビエのドーナツ
座る 習慣化について
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ