2017. 07. 09  
先週水曜日に訪れた際、お話を聞かせてくださった、那須大黒屋旅館の16代目、室井社長。あまりにもその内容に感激したたため、心の中で温めてしまい投稿が少し遅れてしまいました。以下、ご紹介します。
大黒屋旅館は、敷地の入り口に一歩入った途端に気がぐっと居心地よくまろやかに明るく変わるのを感じました。一晩心地よく宿泊した翌朝、現社長の代に生まれた「倉庫美術館」の案内をしていただく機会をいただきました。(というのも、前日ご案内いただいた阿久津一一さんのご縁です。阿久津さんありがとうございます。)
写真5枚目の展示物は、倉庫美術館に飾られている菅木志雄さんの造形作品たち。目の当たりにすると何とも一つ一つの作品が、楽しそうで弾むようで、喜びから生まれてきているのが伝わります。
室井社長によると、菅さんが「一元論」で世界や、作品を捉えているからこそ、汲めども尽きぬ創作熱が湧き続けるのだそうです。いつまで作っても創作に行き詰まるという感覚がないと菅さんがおっしゃるそうです。
そうした世界に名だたる現代アートの騎手である菅さんですが、彼を世界的なアーティストに育て上げたのも、室井社長なのです。
室井社長の「一元論」に関するお話が興味深く、これまで細々と20歳の頃から続けてきた歌詠みの体験や、セミナー中話をしている時の体験に照らし合わせたり、偉大なアーティストは皆一元論で世界を捉えていると伺うにつけ、ああ本当だなと、天才や奇跡と言われる出来事の奥にある、人の心のありようについて、これまでの経験や思いが一つに繋がり納得する時間でした。
室井社長は、経営も一元論で行えば必ずうまく行くのだとおっしゃっておられ、フロー経営を提唱されている天外伺朗さんとおっしゃっていることが一緒のように感じました。
4枚目と6枚目の写真は、大黒屋さんが持っておられる絵を展示するスペースの外カベにある一輪挿しです。室井さん御自ら、毎朝活けていらっしゃるそうです。
すごい素敵なセンスですよね。
つまり、室井社長自らが一元論で生きておられるのです。現代風に訳すと「ワンネス」の状態でおられると言えばいいでしょうか。
面白すぎる室井社長のお話でしたが、そのお話をされている時の室井社長の表情の美しいこと、魅力的なことといったらありません。
「うちの社員教育は餅つきだから」とおっしゃっておられまして、その後毎月一回恒例のお餅つきに運よく立ち会うことができましたが、何ともすごい。3人がぶつかることなく美しく交互に杵を打つのです。
これこそが、一元論の意識状態ということであり、更には、お餅がおいしくなりますようにという祈りも込めながら行うこと、それを毎月続けることの鍛錬が人を育てるという哲学に、いや本当に感銘です。
餅をつくメンバーの中に、次期社長の室井さん(息子さん)もおられ、またこの方の表情のあかるさに感銘を受けるのでした。
大黒屋さん、書ききれないほど魅力的です。ぜひ一度訪れて見られてください、
室井社長、大黒屋の皆様、大変お世話になりました。ご紹介いただいた阿久津さん、本当にありがとうございました。
10月17日(火)午後に、宇都宮で室井社長の講演会があるそうです。ご都合のつく方、一緒に参りましょう。

6_201707101103035c3.jpg

7_20170710110305387.jpg

8_20170710110306b14.jpg

9_20170710110307911.jpg

10_2017071011030923d.jpg

11_201707101104174e7.jpg

スポンサーサイト
NEXT Entry
心に平和を呼び覚ます対話、ファーストピース・サークルを開催します。
NEW Topics
タナボタ3連休
最新のセミナー情報
対人支援をしている方にオススメのセルフソウルケア
蝉、鳴き始めました
自分のフィルターを投影する
既に自分の中にある
気の高い場を体験する意味
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

コア・クリエーションズ 大江亞紀香

Author:コア・クリエーションズ 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ