2017. 04. 21  
私たちの家である地球に意思があるとしたら、今地球はどんな状態で、何を語るのでしょうか?
SDGsが国連で採択されてから1年半。政府も経済界も取り組み始めています。
「いま私たちはあたりまえのように地球の姿を思い浮かべることができますが、青い地球を人類が視たのはわずか50年前、1967年のことです。
1年後の68年に「ホールアースカタログ」が創刊、70年にアースデイがはじまり、72年には「成長の限界」が発表されました。
そして2015年に世界190カ国以上が合意してSDGsが定められました。
Thinkt the Earthは、環境問題や社会問題への無関心を払拭しようと20年ほど前から活動をしてきました。
残念ながらまだまだ世界は良い方向に向かっているようには見えませんが、
それでも20年前に比べれば、ビックリするほど世界は変わったと実感しています。
地球を視てからの50年、Think the Earthの20年を振りかえりつつ、
シフトの途上にある今と未来を「地球思考とソーシャルデザイン」という
タイトルでみなさんと共に考えてみたいと思っています。」(Think the Earh 上田 壮一さん)。
4月26日水曜日は、20年前から地球のことを思い活動して来られた Think the Earth 代表の上田さんから、20年間の取り組みや、最近のめまぐるしく変わる世界における地球思考のアクションの変遷などについて、お話を伺い、私たちにできることについて、対話します。
ワールドシフトTokyo、7回目のイベントです。詳細はこちら

18057102_10212061196622327_3236952507087718188_n.jpg
スポンサーサイト
NEXT Entry
SDGs企業の取り組み勉強会
NEW Topics
世界の美しさと別次元について
みどり眩しい上田にて
やめると決めました!
無意識と上手くコミュニケーションを取る方法
SDGsゲーム、今回も楽しかった!
5月最後の週末は、こちらがおすすめ!!
お勧め。社会の仕組みを変えるオンライン講座
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

コア・クリエーションズ 大江亞紀香

Author:コア・クリエーションズ 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ