FC2ブログ
2006. 06. 20  

 以前、アルケミストや青い鳥のお話を書いたことがありましたでしょうか?

 自分自身の中に向き合って行くことは自分と出会うことであり、自分と出会うことが出来ると、自己尊重感が高まるなど非常に強い力となって、その人を支える事になるのではないかと思っています。

 そうしたことを書いたところ、ある方から「十牛図(じゅうぎゅうず)」をご紹介いただきました。

 禅の教えとして、語り継がれているもののようです。

 10枚の牛の絵で、自分自身と出会うことについて描かれています。ほんとうに深い部分を扱っていて、第7,8,9の図は特に難解で、解釈が多様になる事と思います。

 実際の図については、京都の相国寺にある承天閣美術館が所蔵しているそうです。

 ご興味のある方は、ネット上で「十牛図」で検索されると、読むことが出来ます。



「自分の中にある現実以外に、現実はない。
ほとんどの人が偽の人生を送っているのはそのためだ。
彼らは自分の外側にあるイメージを現実と考え、けっして
自分の内部に世界があることを認めないのである。」

           ──ヘルマン・ヘッセ『デミアン』
スポンサーサイト



NEXT Entry
言葉を友人に持ちたい
NEW Topics
NLP勉強会「”コロナウィルスが怖い”と言っている人にどのように質問することができるか?」
ストレス・マネジメント@松山
クリエイティブ。そして実践的。
最新のセミナー情報
「リーダーのための言霊塾 入門編」の感想
「心の平和の大切さ~良かったと思えることを自分で作り出す」
水上バスに乗って
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ