2016. 11. 08  
11月4日金曜日にこちらの日本語学校で行った、「夢を持とう」のお話中の一コマ。こちらの子どもたちは、質問をするとまず「はい!」と手を挙げ、あてられてから、何を答えるか考えます。自己主張をすることを推奨されていて、間違えてもその行動を認知されます。また、違うことも尊重されています。
甥も姪も、英語の学校や幼稚園に通っていますが、まずは第一言語として日本語を身に付けることが大事ですから、学校や幼稚園で意思疎通ができていなくてもかまわない。という態度を先生が取り、保護者の妹もほっと安心すると言っていました。
バンクーバーは、世界でも憧れの住みたい街に選ばれますが、そのひとつの理由は、「人種のモザイク」と言われる、多様な民族が尊重し合いながら違いを認め合いながらともに街を構成しているという点にあるのだと思います。そして、美しい自然。
今回、日本語学校での子供たちや、そこでの保護者の方々、リーダーのための言霊塾に参加された方たちと接して分かったことは、「どこの国の人」とも言い難いほど血が混ざった子供たち、大人たちがいるということです。
この街で育つ子供たちは、違いに対して差別の感情もなく、むしろ肌、目、髪の色、言葉の違いが当たり前として育っています。「和を以て貴しとなす」を現代において地で行く体験をされているように感じます。
2つ目の写真は、ドーナツ!!$3.5と値札がついていました。
3枚目は、コンテナのタンク。アート系の学校やアーティストのお店が多数あるグランビルアイランドのでの一枚。
紅葉が美しい時期です。

15036179_10210409187803139_3234735975031535684_n.jpg

14956489_10210409189683186_6328481876136256281_n.jpg

14963170_10210409190083196_4025716307146646990_n.jpg

15036512_10210409214003794_335365379518217042_n.jpg

14956515_10210409219243925_3566363502702620872_n.jpg
スポンサーサイト
NEXT Entry
ディカプリオの2年にわたるノンフィクション。本気の取材。
NEW Topics
生きている喜びを味わい尽くす 神輿10周年
10周年リトリート
人財ラボさんにて「リーダーのための言霊塾」
継続の秘訣は今とは真逆の方向性「1000年企業を目指して 」
「今、大和の人として美しく生きる」
リーダーのための言霊塾【入門編】の感想
日本に生まれただけで、誰もがリーダーなのだと思う
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

コア・クリエーションズ 大江亞紀香

Author:コア・クリエーションズ 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ