FC2ブログ
2006. 05. 25  
 「私たちはみんな小さな箱に入ってものを見ているようなものだから、別の箱から見たら別の考えがあるのでしょう。でも、ここにいるからには、私たちは自分の箱を時には疑いながらもその中にいることを最善として生きていくしかないのよ。」

 『High and dry(はつ恋)』よしもとばなな

 
 今日、あるお二人の女性とワークショップについて打ち合わせをしていました。

 私たちは3人とも別々の道を歩き、別々の立場で社会に関わっている。

 その視点の違う私たちが取り組むことに、意義があるね、と話していました。

 
 15年以上の主婦、母としての生活から偶然のキャリアを積み重ねた結果、キャリアコンサルタントとして組織の長になった方。

 ご家族と2000坪もの広大な敷地に暮らしている、教育委員長さん。

 性格の違いもこのトリオの魅力です。



 基本的に一人でいて、必要な時にコラボレーションをする、プロジェクトごとにチームを組む。そんな働き方が定着してきました。

 小さな箱の中からの視点を疑いながら、別の角度からものを見るようにしながら、
最善を尽くして瞬間瞬間を過ごす。

 3人いたら、3つの視点を得られます。

 今日の3人で、どんな色の、どんな空気のものがつくりあげられていくのか、とても楽しみとなる打ち合わせでした。

 ありがとうございました。
スポンサーサイト



NEXT Entry
至福の時間。
NEW Topics
一元論を体現している宿
最新のセミナー情報
感じたことを考える
「小さいことを重ねることが、とんでもないところにいくただ一つの道だ」イチロー
【心のタフさ レジリエンスを高める】「心をタフにするには」
オンラインで言霊塾 初伝に参加できるようになりました
母音を響かせることの効果
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ