FC2ブログ
2006. 05. 20  
 
 「つなげる力」と「ときはなつ力」、そして両方をバランスよく持ちながら「くみかえる力」。

 この力が学び続ける力に繋がるのだそうです。



 東京コミュニティスクールの公開講座へ行きました。

 今年度一年間で6回の公開講座があります。

 初回の今日は「小学生時代に育てておきたい力とは」というテーマでした。

 
 「つなげる力」とは、「同じ」か「違う」かを類推する力。覚える力。

 「ときはなつ力」とは、積み木やブロックをバーンと壊してしまうパワー。子どもは、ときはなつ力が大きい。思う存分これができるのが小学生時代。
 覚えた事を忘れた、ということは、新しい何かが生まれる瞬間かも知れないから、そこを大切にしながら、ときはなつ力を育てていく。

 「くみかえる力」とは、ああでもない、こうでもないと工夫する。そして失敗を恐れない力。


 
 国際経営開発研究所(IMD)が60カ国に対するアンケートと統計データを基に割り出した大学教育に関するランキングによると、日本は58位だそうです。

 18歳から24歳の11カ国の人にアンケートを取った結果、日本の学校教育は、「自分の才能の伸長」「先生の人柄から学ぶ」「専門的知識・職業的技能の取得」の分野は全て最下位でした。

 

 公開講座を受講することで、これほど自分が教育界の変化を望んでいるのだということを改めて強く心に刻むことが出来ました。
 
 
スポンサーサイト



NEXT Entry
ジブリ美術館と森
NEW Topics
「リーダーのための言霊塾 入門編」の感想
「目から鱗の気づきがたくさんありました。」
最新のセミナー情報
どんな時にも希望を持つ生き方
今発揮するリーダーシップ
コンシャスNLP勉強会 
水の記憶 水のチカラ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ