2016. 02. 22  
10393675_10208060048236118_627376210084496483_n.jpg

社会的にどんな思い込み(考えのプログラミング)が共有されているか?
このことを分かりながら、NLP(神経言語プログラミング)心理学を学ぶ必要があると思っています。
NLP心理学は、「実用的なコミュニケーション心理学」とも、「脳の取扱説明書」ともいわれています。
人間行動を脳と無意識の側面から理解し、望ましい状態を得るために、自分や他者の脳をどのように活かすとよいのか?のアプローチ法が数百種類も存在します。
NLP心理学のアプローチを用いると、個人的な思い込みの囚われの枠から抜け出ることが可能です。囚われの枠から抜け出ると、無理だと思っていたことや勇気が必要だと思っていたことをすることが可能になり、夢や目標を実現できたりします。
しかし、社会的な思い込みの枠組みの中にいたままで、自分をどんなに改革し、鼓舞したとしても、個人的な欲求は満たされるかもしれませんが、大きな意味で人類全体に進化がもたらされるのか?と言うとその点は疑問です。
 例えば、お金は稼げば稼ぐほど良い。右肩上がりの成長が当然。大きな金額を稼いでいる人こそが成功者である。社会的地位の高い人は立派な人である。本を出している人、テレビに出ている人は信頼できる。人々から称賛を浴びるような社会的地位を確保しなければならない。など。
 これらは、真実なんでしょうか?
 盲目的に社会の主流となっている価値観にしたがっている限り、幸せは訪れないことでしょう。
 自分にとっての幸せや喜びがなんであるのか、それを見出し、それに沿って生きる。
 人からどう思われようと何を言われようとも、人生の目的に従い行動する。
 地球上に人類が誕生した意味。文明が発展した意味。この時代にこの国に生まれ生きている意味。
 それらを問わずして、脳の遣い方を変えれば望みが叶う。という表面だけを追って、何になるというのでしょうか。
 自己肯定感が極端に低い時代を生きている日本に暮らす我々です。世界的な調査からもそれは、大人だけではなく、高校生も、小学生に至っても明らかです。
 では、なぜ自分を実際の価値より低くみる傾向にあるのか?それはいつから生じたのか?
 私たちが、NLP心理学を学ぶことで行うこととは、即効性の高いアプローチが体系化されているからこそ、私は真っ先に根本的なことに向かって使って行くべきものだと感じています。
 社会的枠組みを知り、そこからどこまでも外れた客観的視点を得ていくためにNLPを学び、実践することは、この時代にとても必要な知恵となっていくだろうと思っています。
 その上で、地球上にこれから先も人類が生きていけるために知恵やアイデアを生み出していくこと、学ぶ人が、自分の喜びや幸せが何であるのかを見出しそれに従い生きること
こうしたことに向けて、NLPを楽しみながら学ぶことは、本当に意味と価値があることだなあと思っています。
週末は、NLPマスタープラクティショナーコースでした。前回の合宿で英雄の冒険を始めた方々が、今回2日間は、リーダーシップ、影響力、巻き込み力をより高めていくために、思い込みを外し、バランスの良い思考スタイルを身に付けていきました。
春はもうすぐ。次回は、無意識に届かせるプレゼンテーションを学びます。
スポンサーサイト
NEXT Entry
先日、結婚二周年を迎えました。
NEW Topics
火がつきました
麦は、踏みつけると強くなる
企業研修@水輪 初雪です
SDGsゲーム
先祖から受け取っているパワー
深いレベルでの変容
自主上映映画 開催御礼
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

コア・クリエーションズ 大江亞紀香

Author:コア・クリエーションズ 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ