2015. 12. 29  
1546417_10207686436536059_4266869243087973493_n_20160104094417485.jpg

昨日は、日本人の自己肯定感と私の行っているNLPを土台にした「コンシャス・リリース・メソッド」コースについて、ご質問にお答えしたり、お互いの大切にしている共通点について語り合ったりしていました。
「NLPを教える人が色々いる中で、大江さんの教えるNLPの特徴はなんですか?」
というご質問に
1、日本語版NLP心理学を教えています。
2、学んだ人が、自己肯定感を高め、深めることを目的としています。
3、分かりやすく、暖かく、楽しいです。
自分の軸(コア)を大切にして生きるためにNLPを活用します。
と答えていました。
ーーーーーーーーーーーーー
1、日本語版NLP心理学とは
NLPはNeuro Linguistic Programming の略称で、直訳すると「神経言語プログラミング」と言います。
1970年代のアメリカで数学者と言語学者によって生み出されました。英語を話し、英語で考えることが大前提にあるのです。
これを学ぶ私たちは、日本語話者です。アメリカとは文化背景が違いますから、前提となるメンタリティ、無意識レベルにある物事の捉え方も異なります。
NLPを忠実に伝えることは、私たちにはそぐわないので、日本語版にアレンジし、違いがある点については、解説を加えてご紹介しています。
「色々な方からNLPを学びましたが、今回最も腑に落ちる学びでした。」という感想もいただいています。
2、自己肯定感について
これは、自分を信頼する気持ち、自信を指します。
自己肯定感(=自己尊重感)が高い人は、出来ると思える事柄の範囲が広いがゆえ、高い目標を持ち、行動することができます。
また、心に余裕があり、自分を信頼するように他者をも信頼することができます。
実は、ノウハウを身につけるより、「根拠のない自信」を身につけると、オールマイティーにあらゆる分野で(ビジネスもプライベートも)うまくいくようになるのです。
コース中は、あらゆる方法で、自己否定したり、こんな自分があってはいけないと、自分のある部分を否定したりするのではなく、自信を深めていけるよう設計しています。
結果として、個別の手法を学ぶより、売上や成績が伸びたり、人に慕われ頼られるようになったり、家族関係が改善したり、日々楽な気落ちで過ごせるようになるどの生成果が出ている人
がいらっしゃいます。
3、分かりやすく、暖かく、楽しいです。
自分の軸(コア)を大切にして生きるためにNLPを活用します。
論理的理解と体験を通じた理解をバランスよく盛り込んでいます。
「なぜあの言動をしてしまったのか?しているのか?」「苦手な気落ちはなぜ起きるのか?」「なぜ自分は、人は、◯◯が苦手なのか?」など、これまでの疑問が次々に解消され、心が軽やかになることでしょう。
また、成功するためというより、「自分にとっての喜びや幸せ」を軸に生きることを目指します。
人と比べてどうか、とか、世間に認められるかどうか、は関係ないことです。あなた自身が深いところから喜びや生きる実感を感じて生きているか?が大切です。
自分を幸せにできるのは自分だけ。自分を幸せにする基準(コア)を知り、それに沿った生き方ができているか?
そのためにNLPを使いこなすことを学びます。
経営者さんから自分探しをしている方まで、「楽になった」という感想が最も多いです。
結果として、会社が発展したり、枠にはまらない自分の幸せを満たす生き方を手に入れられたりされています。
ーーーーーーーーーーーー
前々から気になっていた素敵なカフェで語りあう、有意義な時間でした。
コースに関しては、無料個別説明会を随時開催していますのでいつでもご連絡くださいませ。
スポンサーサイト
NEXT Entry
新年あけましておめでとうございます。
NEW Topics
シャスタ・ツアー日程変更しました。
水輪での合宿、豊かに楽しく終わりました。
自然になりきる、自然と対話する
また熱く語ってしまう
自分の中の女性性を認めることについて
梅雨に育つのは、紫陽花だけではない。
やってみよう ・ありがとう・なんとかなる・ありのまま
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

コア・クリエーションズ 大江亞紀香

Author:コア・クリエーションズ 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ