FC2ブログ
2015. 12. 16  
12348089_10207586078107161_1931219772291064581_n.jpg

人の話を「聴く」、相手をありのままに受け止める
これ、出来ているようでなかなか難しいですね。
つい、自分の体験に照らし合わせて「きっとこうだろうな」と思って聞いてしまう。これがどなたにも起こる一般的な聴き方です。
これをしている限り相手の言わんとすることを、正確に聞き取れません。
ご経験があるかと思いますが、こちらから話していて、聞き手が早とちりしたり、誤解したりしていると、またその人に相談しよう、話そうという気があまり起きないのではないでしょうか?
また、周りの人がAさんに対して「いつも手抜きをしている」と言っているのを聴いたとします。すると、つい、Aさんを「手抜きをしている」あるいは「怠けている」というレッテルを貼って見てしまう。という傾向があるのが、人、私たちです。
人の意見を聴いたとしても、それをそのままうのみにせず「本当はどんな人かな?」「何を伝えたいのかな?」と好奇心を持って、相手を見るようにできると、誤解やすれ違いが減っていくことでしょう。
スポンサーサイト



NEXT Entry
全ての物質は光から出来ている。
NEW Topics
「リーダーのための言霊塾 入門編」の感想
「目から鱗の気づきがたくさんありました。」
最新のセミナー情報
どんな時にも希望を持つ生き方
今発揮するリーダーシップ
コンシャスNLP勉強会 
水の記憶 水のチカラ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ