2015. 12. 05  
12299137_10207521296207654_7399657965561989689_n.jpg

なぜ今の活動をしているのか?それは、「人類の進化」のため。
現代は環境、紛争、資源、人権格差等、様々な側面から「危機的な時代」だと言われます。
同時に危機は、成長、進化のチャンスでもあります。
実は今、非常に興味深い変化の過渡期なのだと思っています。
人類にとっての進化とは、9割以上を占める自分の思考、言動のパターンに気付き、手放していくこと。
9割以上を占める思考、言動のパターンのままで生きるとは、ある意味設定されたプログラム通りに動くロボットか、本能のままで生きる動物と、大差がないことを意味します。
自分たちがそれほどまでに習慣化あるいは小さいころにできたパターンの繰り返しによって喜怒哀楽を感じたり、物事を決断したりしているとは、このことを聴くまで全く知りませんでした。
言われてみれば、こんなことありませんか?
・何か問題が起こったら「どうしてこうなったんだろう?」と考える
・問題には原因があり、その原因となった人や出来事や機関などを攻撃する
(実際に言動に出すほか、心の中で責める、どうにかして改善させようとする、という行動も含めます)
・外側に原因がなければ、自分に原因があるのではないか?ということで自分の言動を責めたり、自分そのものを責める
これって当たり前だと思います?
これこそが、思考のパターンです。
他にも、何かやりたいことがあるとき
それをするための金銭的余裕があるか?をまず真っ先に考える。
お金を基準にして、食べたいもの、着るもの、住む場所、自分の行動を決める。
これも、思考のパターンです。
しっかりしなきゃ、
ここは甘えた方がいい
与えられた仕事はやり切らなければ、
これらも、パターンです。
こうした一つ一つのパターンは、人生の初期の頃、7歳くらいまでの間に養育者の思考パターンが自動的に刷り込まれたもの
と言われています。
「思考がぐるぐるまわる」という表現がありますが
まさに、パターンになっている考えの手順がエンドレスで再生されている状態です。
このパターンに気付けたら、しめたものです。
「ああ、自分はこういうパターンで過ごしているんだな」と1日1個でも見つけられたら、次からは意識できますね。
意識できたらパターンからは抜け出ている、客観的になれているわけです。
その次に、「じゃあ、いつものパターンで反応しない代わりに、このことについて、どのように接しようかな。」と意識を向けます。
あるいは、無意識のレベルで不要な(生まれた後の環境で身に付いた)パターンを手放し、本来の自分の持ち味が出てくる状態をつくるために、NLPやコーチングの個人セッションを受けたり、セミナーでグループセッションを受けたりするのもいいですね。
こうして、私がやっているあらゆる活動は「人類の進化」のため、そしてそのことによって、人の意識が変わり、社会が、世界が違いを越えて受け入れ合い、一つになること、平和になることにつながっています。
そのために、私は日本に暮らす日本人なので、まずは日本に暮らす人、日本語を話す人たちが自分や自分のルーツを肯定し、自信を持ってその持ち味を社会に活かしていきいきと過ごせるよう、コーチング、NLP、リーダーのための言霊塾や日本の精神文化を知るセミナーその他の活動を行っています。
「人類の進化」なんて、言っていることが大きすぎて分かりにくいかもしれませんが、私にとってはリアリティを感じる言葉なので、あえて書かせていただきました。
スポンサーサイト
NEXT Entry
「苦手意識はなぜ起きる?2」
NEW Topics
生きている喜びを味わい尽くす 神輿10周年
10周年リトリート
人財ラボさんにて「リーダーのための言霊塾」
継続の秘訣は今とは真逆の方向性「1000年企業を目指して 」
「今、大和の人として美しく生きる」
リーダーのための言霊塾【入門編】の感想
日本に生まれただけで、誰もがリーダーなのだと思う
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

コア・クリエーションズ 大江亞紀香

Author:コア・クリエーションズ 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ