2015. 11. 12  
11219594_10207400939078801_4824972034081342488_n.jpg

「縮こまってしまっている部分を解きほぐしてもらう感覚がありました。」
あまり話題にはしていませんが、一対一のコーチングも、私の仕事(具体的にやっていること)の一つでもあります。
なぜコーチングをしているか?というと、人は評価判断なく自分の話を受け入れてもらうことで、自ら気付きを得、自分で決断、行動していくことができ、更に自信も増すという、現代社会を生きる際に非常に有効な人の支援法だと思っているからです。
更に自分でも気づいていない、まだ発揮していない潜在力を信頼してもらって、それが発揮されることが可能だと信じてもらえていることにより、何かを与えられたりアドバイスされるのではなく、自らの力でそれを実現させられる存在だと思えるからです。
自分の体験、周りの方々の体験からそう実感しています。
こうした関わりが、コーチだけではなく、日常の人と人との関係に浸透していたら、社会はどれほどのびやかで発展的なことだろうか?と思うのです。育ちゆく子供たちが日常的にこうした関わり方を大人たちにしてもらったら、本当に個性豊かで生き生きした社会になるだろうな、と想像しています。
コーチングを始めて14年、本当にいろいろな方のお話を伺ってきました。
その方がコアにつながるときの美しさやパワフルさには、毎回毎回、感動します。「見守る、話を聴く、背中をちょっと押す。」
私が初めてコーチングに出会った時、コーチングについて、こんなコピーがありました。
人は自ら気付き、決めたとき、行動が素早く出ていきますね。
「セッションでは、縮こまってしまっている部分を解きほぐしてもらう感覚がありました。前回も、受け終わったら、目標達成に向けてまた進んだ実感がありましたので、今回もぐんと進むと思います。華道を通して自分、人、出来事のいいところを活かすことを伝え広めていく、という夢の実現に向けて、早速動いてみたいと思います。ありがとうございました。」 華道家 石塚喜三枝様
今日セッションを受けた方が感想をお聞かせくださいました。
行動が進む。障害、壁だと思っていたものが小さくなったり消えたりする。目標や課題の見え方、捉え方が変わる。
認知の仕方を少し変えるだけで、見える世界がグーンと変わりますね。
それが生きている面白さでもあるなあと思っています。
スポンサーサイト
NEXT Entry
初の女子会バージョン。旅は続く 
NEW Topics
アクティブ・ホープ。「意図的に希望を持つ」生き方
バークレー4日目
美しい。エディブルスクールヤード
たべられる町。先進的な街 バークレー
山に呼ばれる ~シャスタ・ツアー振り返り
シャスタ・ツアー5日目 「調和」
シャスタツアー5日目
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

コア・クリエーションズ 大江亞紀香

Author:コア・クリエーションズ 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ