FC2ブログ
2015. 03. 21  
その20320

4年前の春、青森はまだ深い雪の中でした。知人ご一行様で、親しくされている方のご縁で、佐藤初女先生の主宰されている、森のイスキアに訪れました。
以前佐藤初女先生の講演会に伺ったとき、主催されている先生が初女先生の握られたおむすびを、「おいしい!おいしい!」と言いながら、3つも4つも対談の壇上の席で召し上がっておられて、びっくりした経験があります。
そして、まだ雪深い青森県弘前の、いわき山のふもとのイスキアで、雪解けの中から芽吹くふきのとうを摘みながら、美しい自然の中を散歩して、楽しく私たちがすごしている間に
まだ暗いうちから台所に立って朝食の用意をしてくださり、そしておむすびも目の前で握ってくださったりされながら作られたさまざまなお料理は、本当に丁寧に、野菜たちと対話しながら、心を込めて作られたことが、いただいたときに味や、身体感覚で、伝わってくるものでした。
そして初女先生の在り方は、至って自然体。淡々とお鍋の中を覗き込み、お釜の中のお米を混ぜ、、という様子です。助手をされている数名の女性たちは、一同に70歳以上。でも初女先生より若いのですよね。
そんな母たちのぬくもりのある宿でした。
帰り道に持たせていただいたおむすびをバスの中でいただいたときの驚きは、忘れられません。ほんとうに、美味しくて涙が出るんです。
よく本や講演などで聞いたり知ったりしていましたが、
「おむすびが、こんなにおいしいんだ!!」
と、体感することで、改めて学びました。
波動、脳波。という言葉があります。
どんな状態でいるかによって、私達の発する波動が違うということになりますね。
つまり、どんな気持ちで、思いで、そのことをしているのか?によって、発する周波数が違うということになります。
全ての物質には電子、原子、中性子があり、あらゆるのものは振動していると言われますね。
同じように握ったおむすびが、こんなに味が違うんだ。ということを知り、日常のあらゆる動作、言動すべてが、この原理にあてはめられるとしたら、どんな心がけ、思いで、日々を過ごすか?
が、人の無意識レベルに届いて、その波動を私達はキャッチし合っているんだろうな、と思うのです。
「限りなく透明に、凛として生きる。」初女先生の新刊、本日発売だそうです。
4月17日、目黒パーシモンホールにて、講演会があります。私も主催側スタッフとして、会場におります。
https://www.facebook.com/events/1611946099029357/
スポンサーサイト



NEXT Entry
立春を過ぎて。
NEW Topics
一元論を体現している宿
最新のセミナー情報
感じたことを考える
「小さいことを重ねることが、とんでもないところにいくただ一つの道だ」イチロー
【心のタフさ レジリエンスを高める】「心をタフにするには」
オンラインで言霊塾 初伝に参加できるようになりました
母音を響かせることの効果
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ