FC2ブログ
2015. 03. 05  
0305その2

日本の自然にとっているリーダーシップと、女性のリーダーシップは似ている点があると思います。どちらも既に取っているリーダーシップがあって、そのことに気づき、意識的にさらに活用していく、ということだと思います。
この時のポイントは、日本が一番素晴らしい、ということではなく、また、女性が男性より優れている、ということでもなく、ただ一つの個性として捉えるということです。
木に広葉樹と常緑樹があるように、ジャングルに育つ木と砂漠に生える木が違うように、淡水を養分とするか、海水も必要か、の違いなように、ただの個性です。
そして、そこに育つべきはずのところに育っていないものがあるとしたら、残念なことですから、自然に育ち生えていくものを無理に矯正して、例えば桜の木がふさわしい場所に、無理にマングローブを植えたりしないということです。
私たちは誰もが、別の何者かになる必要はないですよね。SMAPに数年前に歌われた歌「世界でひとつだけの花」に、誰もが自然に共感したように、常に、何かがかけていることも、何かをたさなければならない必要もなくただ自然に自分であることを十分に発揮する。
そのことで、世界に調和が訪れるのだと思います。ひまわりが「桜になりたい!」といって頑張ってしまったら、世の中からひまわりがなくなってしまいますし、桜が「チューリップがよかった」と残念がって美しく咲くことを拒んでいたら、桜が好きな人が、桜を見て喜ぶ機会を逸してしまいますね。
自然界は、常に調和して、自然にバランスを生み出していますね。私たち人間も、本来自然界に育まれ、進化した生き物ですから、本来調和するようにできているのだと思います。
自然に、自分の持って生まれた個性、持ち味を出していくことが、無理なくできるリーダーシップの方法であるし、だからこそ、型というものは存在せず、本人にとっては当たり前すぎる、肩の力の入らない楽なあり方が、リーダーシップに通じるのだろうと思っています。
フィリピンの人たちの明るすぎるあり方、気さくさ、分け隔てしない接し方や、台湾の人たちの心のオープンさを思い出すたびに、そのことにとても影響を受けたなあと思っています。
スポンサーサイト



NEXT Entry
純粋に「こうしたい」という思いから動くことと
NEW Topics
一元論を体現している宿
最新のセミナー情報
感じたことを考える
「小さいことを重ねることが、とんでもないところにいくただ一つの道だ」イチロー
【心のタフさ レジリエンスを高める】「心をタフにするには」
オンラインで言霊塾 初伝に参加できるようになりました
母音を響かせることの効果
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ