FC2ブログ
2006. 03. 31  

 自分に対するイメージというのは、自分の心の持ちようにより、絶えず変化しています。

 わたしが元気いっぱいの時と、何となくふさぎがちの気持ちの時。
 やれば何でもできると思える時もあれば、すごく小さな自分しか見えないときもあります。

 そんなことって、ありませんか?

 NLPを学んでいる山崎啓支さんから以前、このようなことを言われました。

 「どうか皆さん、自分の中の一番大きなものと繋がっていてください。」

 それは、自己イメージのことについて、冒頭のようなお話をされていたときに出てきた言葉です。


 ある方から、今日嬉しい言葉をいただき、私の中にあるコンセントかチャンネルか、そんなものが、銀河と繋がる感覚をとりもどしました。

 銀河と繋がる感覚?!

 変なこと言わないでよ、

と思われましたでしょうか。

 私、時々、人が引いてしまうような突拍子もない発言をするらしいのですが、、、

 NLPの願望実現コースで、ちょっとしたワークをしたときに自分のアイデンティティが「アンドロメダ星雲(銀河)」になってしまった時があり、

「自分の中の一番大きいものに繋がる」、ということが、私の中では、「アンドロメダ星雲に繋がる」、ということになるのです。


 あなたが、自分のことを最も素晴らしい存在として見られるのは、どんなときですか?
 そして、それは、どのようなイメージを伴っていますか?
 例えると、どんなものになるのでしょうか?

スポンサーサイト



NEXT Entry
コミュニケーション実践編
NEW Topics
【心のタフさ レジリエンスを高める】「具体例から学ぶ」
心を洗う
弱さを見せ合える社会へ
夢殿大學にて「リーダーのための言霊塾」
一元論を体現している宿
最新のセミナー情報
感じたことを考える
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ