FC2ブログ
2014. 11. 26  
その11126


( English sentences are after Japanese. )急にセブから元いたアンヘレス市(クラーク近郊)に戻ることとなり、月曜日からまたCIP English schoolの生徒になりました。
戻ってみたら、先生たち、スクールマネージャーの方々、生徒の各国の友人が大歓迎してくれました。
まさか戻ってくるとは思いもよりませんでしたが、人生に予定調和はありえないんですよね。
その変化を受け入れ、最大に楽しむことにしています。
こちらはルソン島中央部の小さな町です。着いたら満天の星が出迎えてくれました。
セブより北に位置するせいか、ほんの少し涼しいです。
オリオン座が一番に目に飛び込んできて、冬の星空だということに気づきました。
常夏の国でも、季節は移っているんだなあ、と感じた次第です。
ここであと一ヶ月、よく学び、来年に向けて、よく仕事したいと思います。
写真はベトナムから来た16歳のアンちゃんと学校にあるクリスマスツリー、そしてプールです。
I came back again to C I P .I have been here for the third time. I didn't think about my third time coming back. It's surprisingly thing. I enjoyed seeing teachers,students and staffs again. I'm glad to see them again.
— Huỳnh Thái Bình Anさんと一緒です。

その21126
スポンサーサイト



NEXT Entry
フィリピン 郵便事情 (Philippines Angels City Report  #37)
NEW Topics
一元論を体現している宿
最新のセミナー情報
感じたことを考える
「小さいことを重ねることが、とんでもないところにいくただ一つの道だ」イチロー
【心のタフさ レジリエンスを高める】「心をタフにするには」
オンラインで言霊塾 初伝に参加できるようになりました
母音を響かせることの効果
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ