FC2ブログ
2014. 09. 07  
corecre_140907.jpg

先日紹介した映像にもあったように、今滞在しているフィリピンは、貧しい国です。しかし、これまでご紹介したように、経済は私が想像していた以上に発展しています。

そして、貧富の差が非常に大きいです。豪邸もたくさんあります。

こちらでは富裕層に入る先生たちと会話をしていると、その富裕層の人たちよりも
どれほど私たちが多くの収入を得ているのか?を実感させられます。

月曜日のクラスでは、「How are you?」の後に、たいていどの先生も挨拶として

「Did you enjoy your weekend?」(週末、楽しんだ?)
「What did you do?」(何をしていたの?)

と質問します。

私が先月、一時帰国した後、学校に戻った時にもこの会話がありました。

その時、私としては普通に

「満月を見ながら飛行機に乗って帰ってきました。綺麗でしたよ。」

と言いましたら

「Wow...Cool!」

と溜息まじりに先生は答えました。

その答え方を聴きながら、
海外に飛行機に乗っていくというのは、
こちらの方にとっては大きな夢であり、憧れであって
決して日常的ではないのだと改めて思いました。

出稼ぎのために海外に出るフィリピン人は多いと聴いています。

世界一の出稼ぎ国ともいわれ、
実に国民の10人に一人が海外で働き、フィリピン国内の家族に
送金をしているそうです。

しかし、それはまた意味が違うことで、
自分の意思で海外を行き来できるなんて、
本当に贅沢なことなんですよね。

学校のグループレッスンのクラスには、台湾、韓国、ベトナムのクラスメイトがいます。

「Have you ever been to America?」

というアメリカ人の先生からの質問に、行ったことがあると答えたのは、
たまたまだったとは思うのですが、5人のクラスメイトの中で私だけでした。

私が

「(学び、プライベートを含めて)3回行きました。」

と答えたら、クラスメイトたちから、どよめきがありました。

日本は、あらゆる面において、世界でもトップクラスの富める国だと
改めてこういう時に、はっとさせられます。

インフラが整い、治安がよく、衛生面もよく、物価も賃金も高い。

台湾の賃金は、日本の大体6割程度なのだそうです。
韓国は8~9割だと聞きました。

この2つの体験などを通して、フィリピンの先生、そして他の国から訪れている生徒の方々それぞれから、日本人に羨望の視線が注がれているのかもしれないと思いました。

日本は、アジアの人たちからどんな風に見られているのか?

その自覚を持った時、

自ずと私たち日本人がアジアで取るべき態度が
見えてくるように思っています。

既にアジアの中で、先頭を切って経済的にも技術面でも欧米各国に
肩を並べ、あるいは過去にはトップにもなっている日本は

その背中を見られる存在なんだなと
いろいろな面で感じさせられています。

そして、私たち日本人が今取っている態度は
そのまま彼らのモデルになっているのだとしたら
できれば反面教師ではなく、望ましい姿としてありたいものです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ノブレス・オブリージュとは、

「身分の高い者はそれに応じて果たさねばならない社会的責任と義務がある」
という、欧米社会における基本的な道徳観を指します。

もとはフランスの諺で「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞いをしなければならない」の意から来ています。

現代社会においては、富める者、持てる者が「身分の高い者」や「貴族」に当たると解釈できるとしたら

日本人として、リーダーとしての矜持を持って、
行動していきたいものです。

同時にこれは、個人の行動のみに限られないと私は思います。

社会システム、社会としての在り方、経済、教育、医療
あらゆる面においての、集団としての在り方を指すのだろうと思っています。

写真は、カオハガン島の朝。波がないので、空が海面に映って幻想的な風景です。
  
  
  
  
スポンサーサイト



NEXT Entry
歴史が語る日本人の美しさ
NEW Topics
言葉遣いが美しいと思う人
楽しく学んで、これまでとは違う行動をとる
エンガワカフェ@葉山
1000年プロジェクト。今年も開催します。
「脳科学から紐解く〜なぜ私のコーチングはうまくいったりいかなかったりするのか〜」の感想
新たな発見と学びのオンパレード
五十音のチカラ、言霊の力
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ