FC2ブログ
2014. 08. 27  
corecre_140827_1_201409291428489b5.jpg

アメリカの国旗の成り立ちや歴史について書かれているテキストを
読みながらクラスを受けていましたところ、先生から、

「日本の国旗は、前はどうだったの?世界中で一番シンプルだけど、
どうしてこのデザインなの?」

と質問を受けました。

日本が国旗を持ったのは、ペリー来航以降のことです。

当時世界では、船は必ず国旗を掲げることと決められていたそうです。
それがない場合には、不審船、海賊とみなされたそうです。

そこで、ペリーは開国した日本に、今後すべての日本の船は国旗を掲げるように
と指示したそうです。

そこで初めてナショナル・フラッグを創る検討が始まったそうです。

薩摩藩藩主の島津斉彬が、毎朝海から昇る太陽を国旗にしてはどうか?と
日の丸の提案をしました。当時の民衆の大多数は、こちらの案に賛成した
そうです。

それに対して、当時の幕府の高官からは、黒一文字がいいと提案があったそうです。

長らくこの議論は紛糾しましたが、いよいよペリーの決めた期限が迫ってきた
ため、当時海運参与をされていた徳川慶喜の父、徳川斉昭が、

「日の丸に決定しよう!」

と、この議論に結論をつけたのだそうです。

(参考文献:『日本のこころの教育』致知出版社)

(国旗になる以前にも日の丸は使われていて、江戸時代には意匠のひとつとされていたそうです。
源平合戦の時に源氏が白地に赤丸の旗を、平家が赤地に金色の丸の旗を使ったという説があります。)

このあたりのことを説明しましたら、次に先生から

「どうして太陽が赤なの?」

と問われました。

「夕日が沈む時と同じように、水平線から朝日が昇るときに光の屈折で
赤くみえるんです。」

と言いましたが、先生は

「いや、太陽はオレンジ色でしょう。」

と言います。

よく言われますよね。絵を描いたときに赤で太陽を描く人あるいは国民は少なく

世界全般的には黄色、オレンジ色で描いている傾向にあると。

(日本でも古くは、太陽を赤で描く習慣はなかったようです。
高松塚・キトラ古墳の壁画には金色で描かれた太陽の絵があるそうです)

フィリピンの国旗にも太陽が描かれています。

それは黄色です。そして、太陽光線が描かれています。

先生に

「どうして太陽光線が描かれていないの?」

と聞かれました。

う~ん。それは、デザインした人のセンスかなあ。。(推測)

それは、思いつきませんでした。

後で調べたところ、仏教伝来とほぼ同時期に太陽を赤で描くというデザインが日本に
もたらされたようです。

太陽光線を描く習慣は、調べてみた限りでは特にないようです。

フィリピンの国旗では、黄色の太陽に、黄色で8本の光線が描かれていて、
その数にも意味があるそうです。

スペインの侵略に際して一番初めに反旗を翻した
8つの部族のことを示しているそうです。

3つの黄色の星は、フィリピンを代表する3つの島を指しています。

先生は丁寧にフィリピンの国旗のひとつひとつの色、柄、デザインの説明をしてくれました。

小学校でこうしたことを習ったそうですが、フィリピンの学校では毎週
月曜日に国旗を掲揚するとともに、国歌を歌うそうです。

(国旗は学校に毎日掲揚されているそうです)

写真は、こちらの英会話学校の廊下に飾ってある各国の国旗です。

それにしても、国旗をこうして額にいれて学内に飾ってくれているのは、
それぞれの国が尊重されている気持がして、うれしいものです。

国旗とアイデンティティは密接に結びついていますね。

(NLP心理学の用語でいうと、アンカーになっています)

同時に、日の丸の旗の写真だけをアップすると偏った思想の人と思われてしまう
という考え、捉え方が日本にあるのは、残念なことですね。

日本の学校では日本の国旗を掲げたり、国歌を歌ったりすることに反対する先生
たちがいるということをお伝えしたら、

フィリピン人の先生は、非常に頭の切れる方ですが、まったく理解できないらしく

「Why?」の連続でした。

corecre_140827_2_20140929142849834.jpg

corecre_140827_3_20140929142851dd8.jpg
  
  
  
  
スポンサーサイト



NEXT Entry
何もなくて、不便で、そして豊かな島。──カオハガン島(Philippines Angels City 滞在レポート#20)
NEW Topics
「心の平和の大切さ~自己肯定感を上げる方法 2」
古事記読書会「あめつちのはじめの会」
胸いっぱい
吾唯(われただ)足るを知る
あるインタビューにて
自分のルーツを肯定する。内なる分断を癒し、自分の力にする
「脳科学から紐解く〜なぜ私のコーチングはうまくいったりいかなかったりするのか〜 」の感想
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

株式会社ひらり 大江亞紀香

Author:株式会社ひらり 大江亞紀香
その方のコアからの人生の創造を支援するため、コーチング、NLPを軸に活動しています。

1.自分(存在)を掘り下げ
2.そこから未来を描き、目標を定め
3.人生をクリエイト(創造)する

この道程を通ることで、周囲に振り回されることなく、充実した、幸せな人生を手にすることができると信じ、この課程を支援しています。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ